2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 愛妻?恐妻? | トップページ | TRUST e-manage Ultimate »

2006年3月 5日 (日)

BEHRINGER

昔楽器屋時代に知ったドイツの音響機器メーカー。
 そのときは当時40万は下らなかったオートEQを10万強で出してて、度肝を抜かれた。
クオリティもそこそこで、代理店ができればいいのになーなんて思ってた。
 さて最近チャリ通のお供にiPodが活躍してるわけですが、なんか物欲がふつふつと沸いてきてヘッドフォンが欲しくなってきた。
 そこであいかわらずヤフオクで探していると、そのBEHRINGER(ベリンガー)のヘッドフォンがあるじゃないですか。
 昔はプロユースのオーディオ機器しか出していなかったのに、最近では結構コンシューマモデルも出している模様。
 その中でチョイスしたのが、HPX2000。
 チャリ通で使うので、雑踏でも聞こえやすいチューニングがされたDJ用のやつがいいなぁ・・・なんて思ってふと見つけたので、安かったしBUYNOWしました。
 懐かしいBEHRINGERだし、昔のイメージがあったので安いけどそれなりのものだろうと思っていたんですが・・・。
 DJ用のヘッドフォンは、リスニング用に比べて雑踏の中で聞きやすいように特殊なチューニングがされています。
ワイドレンジでクリアな音ではなくて、ミドルレンジでしっかり聞かせる・・・みたいな。
 んだから、今使ってるDENONのリスニング用ほどの音も期待してないし、DENONと同じぐらい気に入ってるKOSSのPORTAproほどのお音も期待してなかったんだけど、まぁBEHRINGERだからそれほど悪いものでもないだろうと。
実際¥3500ぐらいだったんですが、SONYあたりの¥5000ぐらいの音はするだろうと想像してたんですよ。
 とーこーろーがー DJ用ってことをよーーーーーーーーーーーーーーーく考えても、あまりにも狭すぎるレンジに、パンチのない音圧。
 日本の経済システムをイギリスのメディアが皮肉った言葉を引用させてもらうと、 「寛容に表現しても、BEHRINGERのPRとしてはよろしくない。
公平に表現するなら、まったくもってばかげている」 (原文:英紙タイムズは東京発で、東証のトラブルについて「突然、誰も株を売ることができなくなり、大混乱に陥った。
寛容に表現しても、東証のPRとしてはよろしくない。
公平に表現するなら、まったくもってばかげている」) さて、どうしてやろうか。

« 愛妻?恐妻? | トップページ | TRUST e-manage Ultimate »

07.■閑話休題・雑談」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/880972

この記事へのトラックバック一覧です: BEHRINGER:

« 愛妻?恐妻? | トップページ | TRUST e-manage Ultimate »

RECOMEND

失敗しない家づくり