2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 1-2-2 プラグコード考察(2) | トップページ | 1-2-4 プラグコード考察(4) »

2006年4月25日 (火)

1-2-3 プラグコード考察(3)

太さにこだわるのは?

MSDは声高らかに「8.5mm!」と謳っておりますが、導体は皮膜に覆われたコードの奥底にあるのに、なんで太さが関係あるんだ?と思われるかと思います。実際私もそう考えていましたので、深くそこに追求しようとは考えていませんでした。
前記の抵抗値の件でくまなく永井電子のHPを探していると、Q&Aにその答えが載っていました。

永井電子HP Q&Aより
『Q:8mm径と7mm径では何が違うのですか?

A:8mm径と7mm径ではもちろんコードの太さが異なりますが、この1mmの肉圧の違いが耐絶縁特性の違いに現れます。
肉厚1mmあたり23KVという絶縁性に優れた純粋シリコーンゴムを2層に巻いて、8mm径では耐電圧15万ボルト以上(+22℃水中テスト)、7mm径では12万ボルト以上を実現し、CDIなど高性能点火装置にも対応した余裕十分な耐電圧特性を確保しています。』


なるほど。いかに安全性を高め、かつ与えられたエネルギーを効率よく伝えるかということですね。
微々たる物(ミクロの世界ではすごいことでしょうが)永井電子とMSDの差=0.5がそこまでMSDに有利に影響を与えるとは思えないでしょう。

« 1-2-2 プラグコード考察(2) | トップページ | 1-2-4 プラグコード考察(4) »

04.■クルマ遊び」カテゴリの記事

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/912373

この記事へのトラックバック一覧です: 1-2-3 プラグコード考察(3):

« 1-2-2 プラグコード考察(2) | トップページ | 1-2-4 プラグコード考察(4) »

RECOMEND

失敗しない家づくり