2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 2007年4月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月26日 (月)

失敗しない家作り ~業者選定~

家を建てるときに必要になるのは、土地、建物の二つです。土地はありモノから選ぶしかないのですが、建物に関しては
星の数ほどもある建築業者から、自分の理想とする家を実現してもらえる業者を探さなければなりません。
しかし、これだけ情報が多い世の中でも業者を見つけるのは困難。というかむしろ、情報の多さが選定を難しくしているような気がします。
幸いちょっと前からいいとこはないかなぁ・・・と考え始めていたので、二、三の心当たりはありますが、果たしてプランを実現できる業者なのかどうか。
下手な鉄砲も数打てば当たる理論ではないですが、3つより4つ、4つより5つのほうが確率が高くなるのは間違いないと思います。
ということで、いつものようにネットで検索検索・・・以前よりめぼしをつけていたK社、決意のきっかけとなったときに訪れた展示場のS社、
意匠がすばらしいP社がまず候補に挙がり、あと名前忘れたけど無垢材を上手に利用するなんとか社、さらにもう一社ぐらい選んで、見積もり、サービス(サービスというのは割引とかじゃなくて、メンテナンスとかのソフト面でのことですよ)プラン、営業担当などの面で選定を進めていければなと思います。
名前伏せるのもなんなので、全部決まり次第選定した理由なども含め公開していきたいと思います。

×今回の問題点:ハウスメーカーは様々。失敗しない家作りは、まずハウスメーカー選びで失敗しないこと。

○問題の見直し:様々な情報を集め、自分のプランを実現してくれるハウスメーカーをじっくり選ぶこと。具体的には今後の展開で。

2007年11月24日 (土)

失敗しない家作り ~交渉~

で、迎えた交渉。結果からいえば既存地での建替えはNG。
まぁあらかた予想していたことですし、すでに気持ちの切り替えができていたので穏やかに話をすることができました。
ほんの数日前までは「対決姿勢」ぐらいの勢いだったんですが・・・・。
と同時に、名古屋に住んでいてはしにくい土地探しの協力依頼をしてきました。
やはり、地元に流れる情報がもっとも鮮度、条件ともにいいですからね。
幸いにお袋のお友達にはいわゆる「顔が利く」方々もいるので、いい情報が得られるのではないかと。
今後の実家の取り扱いについてはまぁ今後考えることとして、とりあえず方向性が見えました。
一年でマイホーム建築!忙しくなりそうですね。

2007年11月20日 (火)

失敗しない家作り ~交渉準備~

当初家を建てるときは、祖父から相続した実家の土地を利用して、既存の家屋を解体、建替えというのが基本思想でした。
ただし、現在もお袋が住んでいること、妹二人がいい年して嫁に行っていないことから、安易に立替というプランは通りそうにありませんでした。
というか、実際軽いジャブ程度に話をしたとき、今はまだその時期ではない云々などと難色を示されたので、手ぶらで交渉しても簡単に縦に首は振らないでしょう。
そこで、優位に働く判断材料として、金利のこと、控除のこと、消費税のことナドナド資料を作成し、いざ交渉・・・に挑もうとしたわけです。
しかし、交渉直前にふと今は亡きオヤジが愛用していた高価なオーディオ機器をどうしようか・・・
と考えていたとき、無碍に取り壊し→建替えも得策ではないかな・・・と思うようになりました。
実は自分が20才のころ、オヤジを癌で亡くしており、いわば現在の実家は親父の最大の形見みたいなモンなんですね。
いくら自分の都合で時期的な問題を合理的に説得しようとしても、お袋からしてみればオヤジとの思い出が詰まった家ですし、
今出なければならない必要なんてまるで無いわけです。
そう思うと、んじゃぁ土地から探したらどうなんだろうと。考えてみる価値ぐらいはあるんじゃないの?
と思うようになりました。
それまで数年間、既存の土地に建替えることしか考えていなかったのですが、ほんの数日で基本的な考え方の大きな転換。
前回の引き抜きの話のときにこういうブレイクスルーがあれば、迷い無くどちらかに決められることもできたし、そのあとグダグダ悩むことも無かったんですよねぇ・・・・とまたグダグダ。
別宅にすれば、完全分離型の二世帯住宅なんていう金のかかることをしなくとも嫁x姑というめんどくさい話も避けられるし、
お袋の居住空間のことを考えずとも、自分の理想的な家を建てることができるし、金銭面的なことを除けばいい事のほうが多い。
と、ちょっと言い聞かせるようにして自分を納得させつつ、交渉に臨みました。駄目なら駄目でまたそれもいい方向的な。

×今回の問題点:立てたいという気持ちが先行し、周りのことを考えられていなかった。

○問題の見直し:周りと協調を取り、しこりを残さないようにプランを進めることで自分も、また回りも満足行く結果が得られるようになるのではないかと思う。

2007年11月17日 (土)

失敗しない家作り ~思い立ったが吉日?~

ふと「嫁さんの休日※」として子供を預かって出かけたときのこと。
冷やかし半分で住宅展示場を訪れた際、そう遠くない将来購入することは考えていたのでどうせならといろいろと具体的な話を聞きだそうとしました。
そのとき再確認したのが、住宅取得控除の申請期限が来年中になるということ。
住宅購入額に応じて、平成20年で最大160万円の所得控除が受けられるものです。
160万円ツーたら、車一台分ぐらい違うじゃん・・・ということで、なんとか2008年中に建てられないかと。
さらには、空前の低金利時代。幸いに米国のサブプライム問題に端を発した(と巷では言われている)金融危機で利上げの見送りも決まり
住宅ローン金利も当面の大幅な金利上昇はなさそう。さらにさらに、消費税。
八月の参院選の民主党大勝、一連の政権幹部の不祥事問題などで消費税率の即時のアップも見送られ、こりゃ今しかないか?
ということで、目標2008年中!にて心の中で決定してしまいました。

※サラリーマンは週休二日の休みがありますが、主婦は24時間365日休みがありません。
 ある程度家事を手伝いはしますが、主婦だってなんらか理由があって一日自由に時間を使いたいときもあるはず。
 我が家ではそんなときを「嫁さんの休日」として、一日フリーで遊べるように計らっています。夫である私も一日べったり子供と過ごせるのでそれはそれで楽しいです。

2007年11月15日 (木)

失敗しない家作り ~前書き~

この「失敗しない家作り」カテゴリは、ふと思い立ってから実際に家が立つまでの経緯、また家が建ってから私が”完成した”と思うまでの経緯を、”失敗”しないためにはどうすればいいのか?を考えながら綴るものです。
”成功”は人によって大きく達成基準が異なるでしょうし、そもそもかけた価格以上の成果を得ることは難しいと考えるからです。
また人は概して「成功より失敗を過大評価しがち」です。
かけた価格に対し、妥当なものが出来上がること、そして、あわよくば価格以上の価値を得ることが目的です。

では失敗とは?

ずばり”要求どおりに仕上がっていない”です。
家作りに限らず、何らかものやサービスを得るときには払った額に相当するものを手にしなければなりませんが、カタログなどで詳細にスペックや意匠を確認できる商品と違い、すべてオーダーメイドで0から作る家は、あらかじめ仕上がりを確認してから支払うことはまずないといっていいでしょう。
(今回は一戸建てを対象にしているので、モデルルームや現物を見て決められるマンションは対象外です。)

ネットを見ていると、家作り関連のHPで人気を集めているのは、どちらかというとネガティブな方向で綴っているものが多いような気がします。
人気度が検索結果に影響を与えるGoogleを主に利用しているせいもあるでしょうが、こういう結果を目の当たりにすると、如何にこれから家を建てようと思っている方が家作りに対してネガティブなイメージを抱いているかがわかります。
しかし残念なことに、私が見たHPでは失敗した、うまくいかなかった云々の報告はされていても、どうして「失敗しない家作り」ができなかったのか、どうやったら「失敗しない家作り」が実現できるのかが示されていたHPはほとんどなかったように感じます。

基本的に垂れ流しの日記形式になると思いますが、その辺のつぼを押さえながら綴って生きたいと思います。

【家作りで読んだ書籍紹介】
私は田舎育ちの都会生活者です。今回は、積年の夢であった”程よい田舎”での生活と子育てを目的に、少し田舎に土地を購入し、家を建て始めました。
そんな田舎暮らしの指南書にもなるのが当書籍。
思い描いていた理想と、現実との乖離を知るもよし、覚悟を決めるもよし。
ただ、そんなはずじゃなかった!的な内容ではないのでご安心を。
暖かく読める書籍です。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年12月 »

RECOMEND

失敗しない家づくり