2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 失敗しない家作り ~思い立ったが吉日?~ | トップページ | 失敗しない家作り ~交渉~ »

2007年11月20日 (火)

失敗しない家作り ~交渉準備~

当初家を建てるときは、祖父から相続した実家の土地を利用して、既存の家屋を解体、建替えというのが基本思想でした。
ただし、現在もお袋が住んでいること、妹二人がいい年して嫁に行っていないことから、安易に立替というプランは通りそうにありませんでした。
というか、実際軽いジャブ程度に話をしたとき、今はまだその時期ではない云々などと難色を示されたので、手ぶらで交渉しても簡単に縦に首は振らないでしょう。
そこで、優位に働く判断材料として、金利のこと、控除のこと、消費税のことナドナド資料を作成し、いざ交渉・・・に挑もうとしたわけです。
しかし、交渉直前にふと今は亡きオヤジが愛用していた高価なオーディオ機器をどうしようか・・・
と考えていたとき、無碍に取り壊し→建替えも得策ではないかな・・・と思うようになりました。
実は自分が20才のころ、オヤジを癌で亡くしており、いわば現在の実家は親父の最大の形見みたいなモンなんですね。
いくら自分の都合で時期的な問題を合理的に説得しようとしても、お袋からしてみればオヤジとの思い出が詰まった家ですし、
今出なければならない必要なんてまるで無いわけです。
そう思うと、んじゃぁ土地から探したらどうなんだろうと。考えてみる価値ぐらいはあるんじゃないの?
と思うようになりました。
それまで数年間、既存の土地に建替えることしか考えていなかったのですが、ほんの数日で基本的な考え方の大きな転換。
前回の引き抜きの話のときにこういうブレイクスルーがあれば、迷い無くどちらかに決められることもできたし、そのあとグダグダ悩むことも無かったんですよねぇ・・・・とまたグダグダ。
別宅にすれば、完全分離型の二世帯住宅なんていう金のかかることをしなくとも嫁x姑というめんどくさい話も避けられるし、
お袋の居住空間のことを考えずとも、自分の理想的な家を建てることができるし、金銭面的なことを除けばいい事のほうが多い。
と、ちょっと言い聞かせるようにして自分を納得させつつ、交渉に臨みました。駄目なら駄目でまたそれもいい方向的な。

×今回の問題点:立てたいという気持ちが先行し、周りのことを考えられていなかった。

○問題の見直し:周りと協調を取り、しこりを残さないようにプランを進めることで自分も、また回りも満足行く結果が得られるようになるのではないかと思う。

« 失敗しない家作り ~思い立ったが吉日?~ | トップページ | 失敗しない家作り ~交渉~ »

01,■失敗しない家作りブログ」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/22285231

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗しない家作り ~交渉準備~:

« 失敗しない家作り ~思い立ったが吉日?~ | トップページ | 失敗しない家作り ~交渉~ »

RECOMEND

失敗しない家づくり