2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 失敗しない家作り ~外壁~ | トップページ | 失敗しない家作り ~カトゥールビルドについて(1)~ »

2008年2月26日 (火)

失敗しない家作り ~瓦の調達:軒瓦がポイント!~

さて今回は(一回限りですが)プロヴァンスの趣を醸し出す家がテーマです。
参考として、この地方では抜群のセンスでプロヴァンス風を提供している”パパママハウス”からいろいろと勉強させていただき、どうやったらプロヴァンスの趣を醸す家の礎を築けるかを教えていただけた気がします。
その要素のひとつが「瓦」でした。
おそらく少しでも住宅建築に興味を持ったことがある方なら、プロヴァンスという言葉と、白い壁にオレンジ色の瓦屋根といった風情が思い浮かぶと思います。
そのオレンジ色の瓦についても、ただ一辺倒なオレンジ色ではなく、多少のランダムな色むらを出すことや、軒の工夫などでより一層プロヴァンスの雰囲気をかもし出すことができるわけです。

当初はパパママハウスで使用していた東洋瓦工業(?)の同様の瓦、もしくは別メーカーで同様の雰囲気を醸し出せる瓦を模索していたのですが、なかなかピンと来るものはなく、「まぁこれでいくか」的な考えでした。それが普通だと思います。

しかしそんな妥協にうれしいブレイクスルーが訪れたのは、母屋と一緒に自分で建てる事を計画していたガレージの瓦材を探していたときです。
いいものがなければ母屋と同じ瓦を取り寄せてもらって施工しようと思っていたのですが、いつものようにネットで瓦を検索していると、SANWA COMPANYという建材販売会社が取り扱っている「VILLA」という瓦に目が留まりました。

最初は小売展開されている数少ない瓦という見識だったのですが、よくよく製品概要を眺めてみるとそもそも南欧(プロヴァンスではないですが)のスペインから直接輸入されていること、南欧風の瓦の特徴である半割の瓦の組み合わせを軒先がわらでうまく表現していること、値段もそれなりであることなどがわかりました。
さすが本場の輸入品だけあり、色むらの雰囲気や軒がわらの雰囲気は確かに国産のそれに大きくアドヴァンテージを持っています。

とりあえずダメ元で加藤さんに瓦の施工業者への確認をお願いしたところ、なんと施工OKのお返事が。
加藤さん自身も、軒がわらの仕様にはなるほどと思ったらしく、是非採用してみたいとのご意見でした。
おそらく大手ハウスメーカーや他の工務店ではこうはいかないと思います。
かくして、本場より輸入された本場の瓦で我がプロヴァンスの屋根は仕上げられることになりました。

« 失敗しない家作り ~外壁~ | トップページ | 失敗しない家作り ~カトゥールビルドについて(1)~ »

01,■失敗しない家作りブログ」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/23085468

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗しない家作り ~瓦の調達:軒瓦がポイント!~:

« 失敗しない家作り ~外壁~ | トップページ | 失敗しない家作り ~カトゥールビルドについて(1)~ »

RECOMEND

失敗しない家づくり