2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 失敗しない家作り ~注文住宅の住宅ローン(1)(つなぎ融資がいらない先行融資型住宅ローン)~ | トップページ | 失敗しない家作り ~注文住宅の住宅ローン(2)(つなぎ融資がいらない先行融資型住宅ローン)~ »

2008年9月19日 (金)

閑話休題 ~茶が飲めない:国産茶葉の残留農薬の危険~

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20080916-00000002-aera-soci

出展は上記サイトから。
少し引用しよう。

緩い日本の残留基準
アセタミプリド、メタミドホスとたまたま汚染輸入米事件で摘出された2農薬について見ただけでも、国産農産物の実態は、安全性に関する限り、輸入に比べてましとは全く言えない。例えばこのアセタミプリドで残留農薬基準値の日米比較をしてみればよくわかる(別表)。基準値はアメリカの方がよほど厳しい。 米側に該当項目がないので省いたが、茶の日本の基準値は50ppmという緩さだ。アセタミプリドを撒き放題にしてもこうまでは残留しまいというほどの数字といわれ、この高濃度についても先のメールには指摘されている。 メールを送り、その経緯も克明に記録した平医師と関係当局への取材によれば、メールに反応がないので両医師は地元選出国会議員の紹介で、07年12月下旬に「食の安全ダイヤル」を開設している内閣府食品安全委員会事務局に説明に行った。こうしたことがなかったら、ことは関係機関の間で盥回しの末にうやむやにされてしまっていたかもしれない。

このあと問題の核心に迫るのだが、内容は記事が明るいので記事を参照して欲しい。

要は中国をはじめとした外国産の残留農薬問題ばかりがクローズアップされ、相対的に「日本製は大丈夫」「日本製を選ぼう」という風潮になっているのだが、その日本製の安全性を確保するための基準が、問題としている外国と比べてユルユルなものがあるため、一概に国産だからといって安心できるというものではない、むしろはるかに危険なものもあるということを紹介している。

特に茶葉については、禁止農薬の基準値が、特に規制のない今回の輸入米から検出されたアセタミプリドの検出値に対して約1600倍、基準値に対して5000倍も甘い。
万が一基準値いっぱいまでのアセタミプリドが使用されていた場合、汚染米を少々食べたくらいでは屁でもないぐらいのアセタミプリドが摂取されることになる。

叩きやすいところを叩いて民意を扇動するより、叩かなければいけないところを叩いて埃を出すのがマスコミの仕事じゃなかろうか。

« 失敗しない家作り ~注文住宅の住宅ローン(1)(つなぎ融資がいらない先行融資型住宅ローン)~ | トップページ | 失敗しない家作り ~注文住宅の住宅ローン(2)(つなぎ融資がいらない先行融資型住宅ローン)~ »

07.■閑話休題・雑談」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/23853138

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題 ~茶が飲めない:国産茶葉の残留農薬の危険~:

« 失敗しない家作り ~注文住宅の住宅ローン(1)(つなぎ融資がいらない先行融資型住宅ローン)~ | トップページ | 失敗しない家作り ~注文住宅の住宅ローン(2)(つなぎ融資がいらない先行融資型住宅ローン)~ »

RECOMEND

失敗しない家づくり