2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【失敗した家作り】 ~暖房が効かない!ならば・・・(3)~ | トップページ | 【子育て】パパ、どうして空は青いの? »

2009年12月27日 (日)

【失敗した家作り】 ~暖房が効かない! ならば・・・(4)~

今回のマイホーム建築にあたっては、ローコストでかつ満足いく注文住宅を、失敗しないでいかにして建てるか!がテーマです。
しかし、100%満足いく家なんて、なかなか建たないもの。このカテゴリーは、がんばったけど失敗したかな?と言うネタを披露します。Let's反面教師!

■カーテン製作のための計画

さて、では製作するための計画に取り掛かります。
まずは部材の選定、図面引きから。
■部材の選定
あいかわらずお金はかけたくないですから、安価な素材を探します。
P1060019カーテンの生地そのものは長持ちさせるためにもあまりチャチなものではまずいのでできれば帆布がいいのですが、ちょっと高価です。
主婦御用達(ごようたし)の”手芸センターTOKAI”で物色していると、生成りの麻混のいい感じの生地があったのでそれに決めました。
厚さも現在の家の遮光カーテンぐらいあり、なかなか丈夫そうです。

天井高2.4mに対して、上から下まで全部下ろすわけではないので一箇所1mとして、合計4m購入しました。
幅は1mちょっとあるので、4mの部屋を仕切るのにはちょうど良い長さです。
P1060016

これに、カーテンを支える支柱(レールみたいなもんでしょうか)を用意します。
それほど精度が要求されるものではありませんので、ここもSPF材とします。

精度は要求しませんが、固定できないものなので簡単に反ってもらっては困るので、板目で、かつ現状反っていない物を選びました。今回は2x2という特殊なサイズです

これは吊るす為に固定する壁側で、もう一方が下に垂れ下がるときの支えになるものですが、こちらはなるべく軽くということで適当な杉材を利用しました。
上げ下げするときに重くて負担になると良くないですからね・・・。

 プレーンシェード巾(46cm~90cm)×丈(101cm~140cm).
意匠にビシっと合うのなら、こういう既製品を使うのもありです。ただし、今回は壁面になるべく隙間を作らず、暖気が逃げるのを防ぐ・・・という無理な要件があるので、既製品はNGなんです。毎度ながらそういう状況をわざわざ作り出しているような気が・・・。

■カーテン用の巻き取り装置

P1060036さてこれだけで一応カーテンらしきものはできますが、上げ下げするときにいちいち巻き巻きするのは非常に面倒です。
かといって、シェードカーテン用の巻き取り装置は結構値が張るので、最近よく見かけるようになった”すだれ”用の巻き取り装置を使うことにします。

ただしこのすだれ用の巻き取り装置は下からグルグル巻き取っていくため、壁面に収納したときにあんまり見栄えが良くありません。

せっかくリビングにはオサレなダブルシェードカーテンを使っているので、同じようにローマンシェード状にしたいものです。
そこで、ローマンシェードカーテンの仕組みを観察して、まねることにしました。
生地にちょっと手間のかかる加工さえしてやれば、それほど難しくはなさそうです。
もし手近にローマンシェードカーテンがあったら観察してみて下さい。

生地に、大体15センチおきにワイヤーを誘導するリングを設置すると、一番下に設置された支柱が上昇するとき上手にヒダヒダを作ってくれるようです。
わっかのところで生地が二つに折れてひだになるので、ひだを細かくしたい場合はわっかの間隔を狭く、ひだを大きくしたい場合はわっかの間隔を大きくすれば良いようです。
当初想像でその構造を考えていた時は紐に直接巻き取り装置を通そうと思っていたのですが、上下動の摩擦でわっかが擦り切れることが考えられます。

【カーテンのプリーツ作りを簡単に!】プリーツテープ(ホワイト)1~1.5mカーテン用.
こういうパーツとして、ローマンシェードのカーテンを作れるものがあるといいんですが・・・。
今回一定間隔で輪っかを手縫いしましたが、合計16箇所は正直つらかったです。
次回のために探そうかな・・・

■不慮の事態にも備えましょう

P1060034 実物を見るとプラスチックのS字フック的なものが取り付けてあったので今回もそれを採用しようと思います。
上下動による摩擦が想定以上だった場合、わっかが切れたら直すのが大変ですが、フックなら交換すればいいからです。

何か作るときは、不慮の事態にも十分備えましょう。
本体が組みあがったら、壁への取り付けですが、これはいつもやっているようにアンカー固定か、もしくは下地(梁)が都合よくあれば梁に固定します。
使い勝手の向上のために、巻き取りワイヤーのための滑車も用意するといいでしょう。

さて、それでは実際に製作、施工編に参ります。
正直、今回目立った加工点はありません。
支柱は元々適当な長さになっていますし、生地も適当な幅です。
タッカー(ホチキスの強力版)でガンガン支柱にカーテンを止めていくだけです。
と思いましたが、いやまてよ、ちょっと計画に逆戻りです。
カーテンって取り外して洗いますよね?うーん、安易に生地部分だけ外せるようにしなくては・・・。
しばし考えます。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 /  人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【失敗した家作り】 ~暖房が効かない!ならば・・・(3)~ | トップページ | 【子育て】パパ、どうして空は青いの? »

01,■失敗しない家作りブログ」カテゴリの記事

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/32760430

この記事へのトラックバック一覧です: 【失敗した家作り】 ~暖房が効かない! ならば・・・(4)~:

« 【失敗した家作り】 ~暖房が効かない!ならば・・・(3)~ | トップページ | 【子育て】パパ、どうして空は青いの? »

RECOMEND

失敗しない家づくり