2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【PC&Gadget】iPadのいいとこわるいとこ | トップページ | 【PC&Gadget】Apple iPadはKindleの夢をみるか »

2010年1月30日 (土)

【PC&Gadget】またもや牽制球です。

【PC&Gadget】またもや牽制球です。

iPad、米国外ではiBooks非搭載!

有用なアプリの一つとして、電子ブックリーダー「iBook」が搭載されることは既知の通りで、一般の方への新しいエクスペリエンスとして、iPad拡販の一つの試金石にもなるのでは・・・
と紹介してみた電子ブックリーダー「iBook」ですが、米国以外では非搭載の可能性が高いようです。
昨日紹介したように、日本ではまだ電子ブックが普及の「フ」の字すら片鱗を見せておらず、また策定もやっと2月から大手出版社間で協議組織を通じてする・・・ような流れで、早ければ3月末のiPad発売に間に合うはずもありません。

AmazonのKindleのように、とりあえず洋書だけでも手に入るようにしておけばいいんじゃない?的な流れでAppleが対応するのか、そこが焦点になると思いますが、すでに発表会時の資料で、各国向けの資料からiBookについての項目がゴッソリ抜けていたという指摘もあり、さらには一部の国のiPad紹介ページでは
「iBookは米国でのみ利用可能です」なんて記述もあるとか。

そもそも音楽をiTUnesで販売し始めた時のように、権利問題や契約問題が解決しなければそもそも「著作物」は簡単に新しいフォーマット(今回の場合は電子データ)で流通させるのは不可能です。
米国では、周到に準備が進められていたらしく、新聞社、大手出版社が発表と同時にコンテンツのサポートを表明しました。

幸いにも、もっともパブリシティなePubというフォーマットを用いているため版権元側の対応は難しくはないと思われますが、問題は対応までに要する時間でしょうか。

くれぐれも、日本の協議組織が悪しき慣習に乗っとって独自フォーマットで突っ走り、対応が一層遅れるようなことがないようにして欲しいものです。
まぁ万が一そうなった場合でも、アプリ提供によって対応が可能になるところがAmazonのKindleとの大きな差でしょうか。
各国でそういった動きがあると思われますので、ますますAmazonの肝を冷やす事になりそうです。

奇しくも米Amazonが、Kindle関連の売上げで7割強の売上げ増を記録したとニュースになりましたが、この隆盛が続くのも束の間かもしれません。
Amazonは70%の高印税でダイレクトに著作者に訴える手法を取りましたが、であるとしてもePubというオープンなフォーマットで裾野の広いApple(やソニー)に対向するのは、決して楽な道ではないでしょう。

おっと、Amazonの業績の心配ではなくて、iPadの心配でした。
これでまた一つ魅力が減りましたね。
でも私は電子ブックに興味ないのでiBookがあろうがなかろうが関係ないのですが・・・.
----

先のエントリーで、”拡張性がない”例として、外部メモリカードやUSB機器を挙げましたが、SDカードを読むリーダ、USBポートを提供するコネクタは提供されるようです。
願わくば、内部I/Fも開放的であるように・・・。

« 【PC&Gadget】iPadのいいとこわるいとこ | トップページ | 【PC&Gadget】Apple iPadはKindleの夢をみるか »

06.■PC&Gadget」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/33172450

この記事へのトラックバック一覧です: 【PC&Gadget】またもや牽制球です。:

« 【PC&Gadget】iPadのいいとこわるいとこ | トップページ | 【PC&Gadget】Apple iPadはKindleの夢をみるか »

Adsense

  • Adsense

RECOMEND

失敗しない家づくり