2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【スローライフ】貝塚伊吹の新芽? | トップページ | 【スローライフ】 ~ママから教えてもらったママカリ~ »

2010年1月 6日 (水)

【Science&Technology】朝日に科学を感じる。x

【Science&Technology】朝日に科学を感じる。

何度かに渡って紹介した、私の通勤路から見える朝日(朝焼け)ですが、決して朝日が照れているわけではなく、厚い大気の層を光が通過する際に、波長の短い可視光が減衰した結果だということはすでによく知られています。
また空が青いのは、レイリー散乱によるものだということも、またよく知られています。
しかし、昨日はこれまで知られていなかった非常に大きな科学的見解が発表されました。
それが、ヒッグス粒子とダークマターは同一のものではないか?という理論です。
ここでヒッグス粒子やヒッグス場、ダークマターについて講釈しても、中途半端で消化不良を起こすだけですから割愛しますが、ついに、大統一理論が目の前に迫ってきたことを予感させる、大きな発見です。

ヒッグス粒子、ダークマター、いずれもその存在が古くから予言され、誰が最初にそれを確認するのか?という状況にあり、また昨年稼働したLHCにおいては、ヒッグス粒子を確認するためのプロジェクトが粛々と進んでいた矢先です。
細谷理論によれば、LHCでのヒッグス粒子の観測はできないこととなってしまいますが、そうなるとLHC稼動時にホーキング博士が言った一言が非常に面白みを帯びてきます。

「おそらく、予想通りの結果が得られるだろう。しかし本当に面白いのは、予想通りの結果が得られなかったときだ。」

この理論が確認されれば、ノーベル賞は間違いないでしょう。

昨今、憂鬱な気分にさせられるニュースばかりでしたが、久々にドキドキしました。
日本もまだまだ、先端を行ってます。

« 【スローライフ】貝塚伊吹の新芽? | トップページ | 【スローライフ】 ~ママから教えてもらったママカリ~ »

07.■閑話休題・雑談」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/32885193

この記事へのトラックバック一覧です: 【Science&Technology】朝日に科学を感じる。x:

« 【スローライフ】貝塚伊吹の新芽? | トップページ | 【スローライフ】 ~ママから教えてもらったママカリ~ »

Adsense

  • Adsense

RECOMEND

失敗しない家づくり