2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【家庭菜園】 野菜の観察日記 | トップページ | 【スローライフ】 ~おばけごぼうと三つ葉~ »

2010年4月28日 (水)

【スローライフ】 ~フェニックス・ロべレニー ゲット!~

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるスローライフ。
できることは自分でやり、再生可能なエネルギー利用を促進し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしは続きます。~

■半田の植木祭りで

P1080559最近は時期的なことも重なり野菜作りのエントリー一色ですが、家そのものの”醸し出す”作業は停滞したわけではありません。

長い長い月日を重ねて、”我が家らしさ”を醸し出すためこれからも家の建築は続きます。

建築というとは小物を想像しますが、家の雰囲気を醸し出す要素はむしろ箱にあらず、周辺を固めるオブジェクトと、そこに住まう人々の”生活”から作られます。

そんなオブジェのひとつを、今日ようやくゲットしました。

長らく(家の計画当初から)我が家のシンボルツリーは何にしようかな?と悩んでおりました。

とりあえず庭に植えるシンボルツリーは、夏は旺盛に葉が茂り日よけになり、秋には美しく紅葉し、程よい大きさで無理に選定しなくても樹形が整い、また秋には収穫も楽しめる「ヤマボウシ」が第一の候補だったのですが、玄関周りの外構の植栽は、なかなんか決まらずにいました、

とりあえず妻の希望でつるバラの育成は始めているのですが、”シンボルツリー”というには少々弱いので、んじゃーシマトネリコ?ヒイラギ?それとも、守山時代に5センチの苗から2mまで育てたノウゼンカズラ?

といろいろ考えていたのですが、ホントについ最近、ビーチランドの駐車場に、まさにシンボルツリーのごとく聳え立つヤシの立ち姿に感動して、よし、玄関周りの外構はヤシで!と決まりました。(自分の中で)

で、んではさて、どんなヤシにしようかと考えていたのですが、ビーチランドのヤシ(っぽいなにか)は、手の平を模した、なじみの深い言葉でシュロと呼ばれるものに近い種類で、イマイチ私にとっての”ヤシ”とは違うなー?という感じがしていました。

そこでいろいろ調べていると、どうやらフェニックスという種類が、私のイメージしているヤシに近い形で、さらに耐寒性もそこそこあり、日本でも路地の栽培実績があるということ。

実際実物を見てみると、イメージに近いというよりほぼドンピシャです。

これは欲しい!と思ったのですが、当初からそこそこ見栄えのする大きさのヤシはそれなりのお値段がして、不況下でこづかい減にあえぐ私には厳しいものがあります。

大体樹高1.7mぐらいで、¥10000~。うーん、宝くじでも当たったら・・・。

おりしも外構の計画中で、将来ヤシを植える場所もまだなかったことから「安いものが出てきたら折を見て入手しよう」と思っておりました。

そうこう考え初めて一年ほど。

先日友人の植木職人から、毎年春先恒例の「植木祭り」にこないかという誘いがあり、昨年の植木祭りで彼から購入した火ヒイラギが環境のせいで枯死したことことについてバツが悪く、はて今年はどうしよう・・・と悩みました。

とはいえしばらくあってもいなかったので、挨拶がてら顔出ししようと出かけたそこに、私の目指していたそれはたたずんでいたのです。

とはいえ、祭り特価といえどそれほど安くはならないだろうと見た値札は¥7500。

うーん、やっぱり・・・と、もうひとつの株を見てみると、そちらはなんと¥1500。

?プライスの付け間違い?と思いつつ、担当者を呼んで確認すると、確かに¥1500とのこと。

とはいえ、栽培環境のこともあり、それを推し量るためには正確な種別をしらべることが重要です。

私ながらにシンノウヤシか女王やしかな?と思ったのですが、確認すると「ロベだよ」とのこと。

ロベといえばフェニックス・ロベレニー」。耐寒性もそこそこあり、実際に本州の露地栽培でも実績のある、人気品種です。

日本名でいうシンノウヤシですね。予想的中。(というか、国内で入手可能な比較的小型な羽状葉のヤシは、だいたい八丈島産のロベだそうで・・・)

これはもう買うしかない!ということで、担当していただいた社長さんに、さらに数は出ないかを確認してみました。

幸い、私が必要としている4本は、それなりに粒の揃ったものがあるということ、配送も偶然が重なって無料でいい世ということになり、その場で契約しました。

契約といっても、口約束でしたが・・・。

人気の観葉植物を、格安にて販売♪■取り寄せ品■フェニックス・ロベニー■ヤシの木■■10号鉢■BIG■送料無料■

《分類》 生木鉢植え 《お届け内容》 フェニックス・ロベニー鉢植え 《サイズ》 鉢底から約200cm前後10寸鉢入 《ラッピング》 別途料金にて承ります。 INTERIORGREENPhoenix roebeleniiフェニックス・ロベニー南国ムード満点のヤシの木“フェニックス・ロベニー”です。“ヤシの木”といったら、これをを思い浮かべる人も多いのでは?200cm前後のBIGサイズだと、かなりインパクトありますよ♪お部屋はまるで“南国リゾート”気分!?《フェニックス・ロベニー》ヤシ科 フェニックス属【英名】Jack in the box 東南アジア原産。非常に丈夫なヤシで、日本では八丈島などで多数露地栽培されています。耐寒性も強いので関東以西のあまり霜が強くない場所では戸外にて越冬が可能。生育適正温度は20~30℃。最低温度5度以上で管理

■そして到着

P1080589

配送は無料の都合もあって、時期が決まり次第連絡しますとのことでしたが、その日のうちに連絡があり、「これから持って行ってもいいか?」

とのこと。
準備はできていませんでしたが、断る理由でもないのでお願いしました。

そして届いたのがこれ。
うーん、でかい。モノによっては2.7mの天井に届いています。市価の10分の1といったところでしょうか。

さて、いよいよ厳寒周りの外構をあわてなくてはいけなくなりました・・・。

ヤシ科の中でも優しくスタイリッシュなフェニックス・ロベレニーを白の陶器鉢で仕立てました★癒し効果は最高♪送料無料!【一鉢限定】フェニックス・ロベレニー(陶器鉢7号)

名称フェニックス・ロベレニー別名ロベ、シンノウヤシ、ラベニアヤシサイズ80cm M送料送料無料育て易さ★★★★☆育て方耐寒性が強いので育て易い。夏の生育期(5月~9月)に、緩効性肥料を時々(2~3回)与えて下さい。飾り場所夏ー半日陰※写真の商品をお届けします。羽状の優しい葉っぱが特徴的です。かなり成長がく、時間をかけて、育てました。スタイリッシュなロベをあなたの部屋に飾れば、お部屋全体が引き締まります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【家庭菜園】 野菜の観察日記 | トップページ | 【スローライフ】 ~おばけごぼうと三つ葉~ »

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

08.■外構製作(DIY)」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/34417597

この記事へのトラックバック一覧です: 【スローライフ】 ~フェニックス・ロべレニー ゲット!~:

« 【家庭菜園】 野菜の観察日記 | トップページ | 【スローライフ】 ~おばけごぼうと三つ葉~ »

RECOMEND

失敗しない家づくり