2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【家庭菜園】 野菜の観察日記 ~7月4日-1~ | トップページ | 【スローライフ】 ~海に出かけたよ~ »

2010年7月16日 (金)

【家庭菜園】 野菜の観察日記 ~7月4日-2~

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるスローライフ。 できることは自分でやり、再生可能なエネルギー利用を促進し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしは続きます。~
このエントリーは、そんな生活の一部、家庭菜園を紹介します。

 

■ようやく玉ねぎ収穫

R0011882 

さらに、収穫期を当に過ぎてもほったらかしだったたまねぎをようやく収穫しました。

ホントなら、梅雨にあたって腐る前に収穫しなければいけないんですが、トウ立ちしてしまって「あーあ」

とげんなりしていたのでイマイチ動きが悪く・・・

とはいえ、腐ることもなくちゃんと土に埋まっていたのですが、うーん、やはりあまりいい状態ではないですね。

基本的に分球しているものが多く、またサイズも小ぶりで、おそらくトウ立ちしていたので芯も硬いでしょう。

たまねぎも簡単そうで難しいですねぇ・・・。

分球やトウ立ちは、適切な時期に適切な管理が行われていなかった証拠なんですが、今年大々的にたまねぎの育成をしようと目論んでいるので、気をつけないと・・・。

とはいえ、品種ごとに植え付け時期や成長具合を見ての追肥や管理は異なり、正直”やってみないとわからない”のが現状のような気がします。

今年は異なる種類の種をいくつか購入し、比較検証してみたいと思います。

ただ”育てて食べる”のも面白いですが、こういう科学的なプロセスで楽しむのも悪くないですね。

 

281 【smtb-td】【tohoku】 佐藤計量器製作所 2チャンネル温度ロガーセット SK-L210T イッシキ 【送料無料】



■ブロッコリーの種取り

R0011911 

さて、そのたまねぎ畑の脇には、同じく去年の冬の主役だったブロッコリーが”まだ”植わっています。
これは種を取るためだったんですが、最近このブロッコリーの苗のタグを見つけてよく見たところ、どうやらF1品種ではないようで、安心して種取り、育苗が出来ます。

4株ほど放置しておいたんですが、種の量が半端ではありません・・・。

菜の花のように莢状の袋に収まっているのですが、一莢に10粒ぐらい、それが一株で100個はくっついているのでホントにすごい量です。

莢を分解するのがめんどくさい・・・。

R0011892収穫して種を分離しあと、少し乾燥させたらいったん冷蔵庫に入れ、それから播種してみようかと思います。

発芽や生育のそろいが悪いことが予想されるので、2~300はまいてみようかと思います。

次の日は嫁さんの休日なので子供は私が預かります。

午前中はいっしょに庭で遊びつつ菜園管理をして、お昼ご飯を食べたら海に遊びに行きました。

海で遊ぶとかなり疲れるので帰るころにはころあいよくお昼寝タイムとなります。

一度寝たら2時間は起きてこないので、その時間を狙って再度菜園整備です。

昨日は草むしりをして終わった菜園に、堆肥と石灰を施してから十分に耕します。

ホントは耕耘機を使いたかったのですが、微妙にデカいサイズの耕耘機が庭へ通じる通路を通りきれず、諦めました。うーむ、でかければいいってもんではありませんね・・・・。

激安!高品質!!野菜たね ブロッコリー F1緑陽3号 1袋(1.5ml)

花蕾は完全なドーム型で、粒が緻密で締まりのよい優良種。収穫後に、1~2本の頂花蕾同様のボリュームのある側枝花蕾が収穫可能!!イオウ病・根コブ病に強く、作りやすい品種です。商品詳細■早晩生:中生(定植から収穫までの日数:約75日)※種まきから定植まで約30日■頂花蕾重(約):280~300g■収穫部分:頂花蕾・側枝----------●1ml当たりの入り数:約100~200粒(品種により差があります)●10平方メートル当たりの播種量:約0.6~0.8ml●一般的な播種時期:7月下旬~8月中旬(品種により差があります)●

■定植と管理

R0011942 一通り耕すのが終わったら、まず調子が悪かったインゲンの第一陣を撤去して、ほうれん草が植わっていた場所とあわせていんげんの第二陣を16株定植。株間にはバジルも植えました。

さらにほうれん草とレタスが植わっていた畝の残渣を抜き去りそこにニラ、葉ネギ、ブロッコリー、オクラ(一部)、バジル、シソ、二十日大根(カラフルファイブ)を混植しました。
大きな効果を狙ってはいませんが、アレロパシー効果があれば・・・というのと、先日ちょっとボヤいた、自然農法的なアプローチをしてみようかなというのがあります。

R0011939 さてそのあと元気に生育する夏野菜、トマトやナス、きゅうりの整枝を行いました。
トマトはいつものようにわき目かき、ナスは一番花も付いたし着果もしたので、セオリーどおり3本仕立てにして見ます。しかし、すでにこれでもかと枝が込み合っていて整枝すらやりにくい・・・。
とはいえなんとか整枝を終えてすっきりしました。
今まで見えていなかった、収穫適期のナスができていたのはビックリしました。

きゅうりも、地表から3節目ぐらいまでを芽かきしました。
きゅうりで気になるのが、一株元気のない株があること。他の株に比べると明らかに成長が遅く、実のつきもよくありません。葉が変色しているとかそういった病的な様子もなく、ちょっと気になります。

ここまで一気にガーーーーーーーーーーーーーーーーーっとやりました。
さすがに草むしりが疲れた・・・イネ科の雑草は、伸ばすとろくなことがないですね。猛省しています、

僅かなスペースで家庭菜園。ハーブスパイラル セット

サイズ:150(W)×150(D)×65(H)cm 重量:約37kg 素材:高密度ポリエチレン 組立品(はめ込み式)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【家庭菜園】 野菜の観察日記 ~7月4日-1~ | トップページ | 【スローライフ】 ~海に出かけたよ~ »

03.■家庭菜園」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/35687960

この記事へのトラックバック一覧です: 【家庭菜園】 野菜の観察日記 ~7月4日-2~:

« 【家庭菜園】 野菜の観察日記 ~7月4日-1~ | トップページ | 【スローライフ】 ~海に出かけたよ~ »

RECOMEND

失敗しない家づくり