2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【スローライフ】水田に佇むサギ | トップページ | 【北の国から'10】 仕事で北海道-2 »

2010年10月 7日 (木)

【北の国から'10】 仕事で北海道-1

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるスローライフ。
できることは自分でやり、再生可能なエネルギー利用を促進し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしは続きます。~

■厳寒の北海道

(本エントリーは、2010年2月に行った北海道出張についてのエントリーです。記事の体裁を整えているうちに数カ月たってしまいましたが、埋稿させるのももったいないので今更披露です。)

CIMG0017 白い恋人が北海道土産の代名詞になったのは、いつごろなんでしょうか。

いつだったか何か問題が起きてその信用が失墜し、北海道=白い恋人の構図が崩れたかと思っていたのですが、どうやら浅はかだったようです。

そのイメージは深く人々に浸透し、土産の対象ととしてまったく考えもしなかったにもかかわらず、愛する妻の一言で出かける前から土産は白い恋人に決定してしまいました。

というわけで、出張で北海道にいく機会があったので、その顛末と、出張を利用して出かけた観光の顛末のご紹介。

さて今回北海道に出かけたのはもちろんお仕事で。

内容はさておき、日程は2月15日~2月16日の二日間。短い・・・。

幸いにして月曜日からでかつ、集合は現地というユルイ行程だったので、それをうまく利用させていただきまーすということで2月14日の日曜日朝から出張ってきました。

要領が悪いため事前に観光地の選定をせず出発したのですが、幸いにして広くて狭い北海道、歩いて回れる範囲に興味があるものが集中しており、とりあえず一日堪能することができました。

 

■到着地の気温は-17℃

出発したのは朝7時半発の中部国際空港発新千歳空港行き。

特に問題もなく離陸し、ほぼ定刻どおりに北海道に降り立ちました。

CIMG0015
氷点下17度の新千歳空港。息も凍りつきます。

機内アナウンスで”着陸地点の気温はマイナス17度・・・”という案内が流れると、機内にどよめきが。観光客が多いんですね。

新千歳空港から札幌までは電車で移動します。

このあたりですでに地域による特色が見られました。

CIMG0019 ドアは一車両あたり3ドア、またそのドアがかならず片開きなのです。

おそらく寒冷地ならではの仕様だと思いますが、どのあたりの要件でそうなっているのかまで、電車に乗っている最中では考えが及びませんでした。あ、今でも。

そして、その車両の入り口ドアをはさんで社内を隔離するように、また扉があります、これは明らかに寒さよけでしょう。これだけあるだけでも大きく違うことは、我が家でも実証済みです・・・。

北海道の電車というと、どうもディーゼル車というイメージがあるのですが、こういった利用客の多い路線なんかは当たり前のように電化されていますね。

新千歳空港から札幌までは、三十分強で到着しました。近いですね。

まぁ中部国際空港から名古屋までもそれぐらいですから、そんなもんといえばそんなもんか・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【スローライフ】水田に佇むサギ | トップページ | 【北の国から'10】 仕事で北海道-2 »

07.■閑話休題・雑談」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/37115928

この記事へのトラックバック一覧です: 【北の国から'10】 仕事で北海道-1:

« 【スローライフ】水田に佇むサギ | トップページ | 【北の国から'10】 仕事で北海道-2 »

RECOMEND

失敗しない家づくり