2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【北の国から'10】 仕事で北海道-15 円山動物園 | トップページ | JQuery。 »

2010年11月18日 (木)

【北の国から'10】 仕事で北海道-16 円山動物園

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるスローライフ。
できることは自分でやり、再生可能なエネルギー利用を促進し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしは続きます。~

■円山動物園の最後はお猿さんでした。

(本エントリーは、2010年2月に行った北海道出張についてのエントリーです。記事の体裁を整えているうちに数カ月たってしまいましたが、埋稿させるのももったいないので今更披露です。)

CIMG0185 さて類人猿管を抜けて歩いていくと、展望レストランが。

この日は美味しい味噌ラーメンを堪能してきたうえに、円山揚げパンを堪能したので、スルーします。家族連れだったら、ちょっと休憩・・・するには良い時間のタイミングと場所です。

またこの展望レストハウスは、敷地の一部がニホンザルの飼育ケージになっており、レストランの窓側の席に座ればニホンザルのサル山を眺めながら食事をすることができるようになります。

ただ、季節を間違えると目のやり場に困る光景に出くわすことになりますので、注意が必要です。

ちょうど今ぐらいの次期じゃなかったかなぁ・・・。

ガイドブック旭山動物園

ガイドブック旭山動物園

価格:1,260円(税込、送料別)

■円山動物園、終了。

さてさて、実はコレで今回の円山動物園行脚は終了です。

夏場であれば、こども動物園やその他冬季休業施設も楽しめたんでしょうが、残念ながら今は冬故・・・。

とはいえ、極寒の地、冬は雪に鎖される地域での動物園がどんなふうに運営されているかを知る、良い機会にはなりました。

そしてやはり、課題は冬場の動物の飼育、管理の方法ですね。

名古屋という比較的暖かい(極寒ではない)地方では、一部の熱帯性の動物以外は”がんばれよ”ぐらいの勢いで屋外飼育されていますが、さすがに札幌ともなるとそうはいかないようですね。

悩みどころが、熱帯性の動物の冬季の飼育設備でしょうか。

当然外に放置するわけにも行かず、だからといって屋内飼育になれば窮屈な思いをさせてしまう・・・。

CIMG0188 人間が住みやすいように環境を整備すると、周りに大きな影響が出るように、動物にとっての環境を寄りよく整備しようとするとやはりおおきなエネルギーを使うことになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【北の国から'10】 仕事で北海道-15 円山動物園 | トップページ | JQuery。 »

07.■閑話休題・雑談」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/37206931

この記事へのトラックバック一覧です: 【北の国から'10】 仕事で北海道-16 円山動物園:

« 【北の国から'10】 仕事で北海道-15 円山動物園 | トップページ | JQuery。 »

RECOMEND

失敗しない家づくり