2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【北の国から'10】 仕事で北海道-20 ラーメン三昧 | トップページ | 【北の国から'10】 仕事で北海道-23 苫小牧 »

2010年11月25日 (木)

【北の国から'10】 仕事で北海道-21 苫小牧

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるスローライフ。
できることは自分でやり、再生可能なエネルギー利用を促進し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしは続きます。~

■苫小牧は実は宇宙の町

(本エントリーは、2010年2月に行った北海道出張についてのエントリーです。記事の体裁を整えているうちに数カ月たってしまいましたが、埋稿させるのももったいないので今更披露です。)

CIMG0223 さて次の日、前日の仕事もお昼からでしたが、今回も同様にお昼からです。

そのためこの日は早起きして、と苫小牧観光に出かけることにしました。

しかし、一日ゆっくり時間が取れるわけではないので、こういうときは一箇所の名物施設を堪能するに限ります。

どんな施設でも、大抵のんびり眺めると2~3時間ぐらいのものですから、午前中、お昼までにぴったりです、

よくある観光地めぐり的なことをしようとすると、移動ばかりに時間がかかって肝心の観光に時間が裂けない・・・ということが多々ありますが、こういう施設ものならそういう心配も皆無ですし、時間の節約にもなります。

■いざ苫小牧科学博物館へ

前々日の札幌でターゲットにしたのは円山動物園でしたが、今回ターゲットにしたのが苫小牧科学博物館です。

私は昔から科学の子で、なんでそうなったかはわかりませんが、科学に触れることが大好きでした。

定期購読していたのは「学研の科学」でしたし、親父が定期購読していた「Newton」のバックナンバーを引っ張り出してきてを読むことが、時間があればすることでした。

そのせいもあってか、もともと向いていたからそうだったのか、理科、とくに物理の成績は何も勉強しなくても常によかったと記憶しています。

ところが同じような数字を扱う数学はそれほどよくなかったと記憶しています。

最近はじめて、”理系”と一くくりに言っても、数学と物理では違う脳の領域を仕様する、全く別の才能であることを知りました。なるほどー、天はニ物を与えずというわけですね。

かのアインシュタインも、特殊相対性理論から一般相対性理論を導く際に不可欠だった幾何学の知識を学ぶのに長い歳月を要したと言います。

天才といえど、努力が必要と言うのは、いい教訓になりそうです。

CIMG0224 さてそんな科学信奉者が、ホテルのロビーに”科学館”のパンフレットがあるのを見つけてウズウズしないわけがなく、実は初日にチェックインした時から滞在中に必ず訪れようと心に決めていたのでした。

昨日はちょっと油断して寝坊したのであります。

開館時間をチェックして、会館よりチョット後に着くように時間を測って出発します。

ところが、やっぱり例のツルツルの路面に阻まれ、チョット遅れました。

とはいえ、時間はまだまだあります。

いざとなれば昼食の時間を削れば良いんです。

というわけで、苫小牧科学センターでの顛末は、別エントリーにて・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【北の国から'10】 仕事で北海道-20 ラーメン三昧 | トップページ | 【北の国から'10】 仕事で北海道-23 苫小牧 »

07.■閑話休題・雑談」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/37218272

この記事へのトラックバック一覧です: 【北の国から'10】 仕事で北海道-21 苫小牧:

« 【北の国から'10】 仕事で北海道-20 ラーメン三昧 | トップページ | 【北の国から'10】 仕事で北海道-23 苫小牧 »

RECOMEND

失敗しない家づくり