2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【北の国から'10】 仕事で北海道-29 千歳空港 | トップページ | 中途半端SEの憂鬱 »

2010年12月 6日 (月)

【北の国から'10】 仕事で北海道-30 千歳空港

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるスローライフ。
できることは自分でやり、再生可能なエネルギー利用を促進し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしは続きます。~

■今はクマより、フクロウが流行り。

(本エントリーは、2010年2月に行った北海道出張についてのエントリーです。記事の体裁を整えているうちに数カ月たってしまいましたが、埋稿させるのももったいないので今更披露です。)

しかし、なんだかどうしても木彫りの”何か”が欲しい”散在モード”に入っていたので、勇気を出して機のよさそうなおばちゃんに、こう尋ねました。

「木彫りの熊は、絶滅したのか」

というくだらない冗談におばちゃんは笑顔で答えてくれました。

なんでも木彫り界にも流行があるようで、熊がはやったのは今から20年以上前のこと。

今はこういったフクロウや、”木の精”がはやっているんだとか。

フクロウ以外の木彫りの”何か”が、ここで”木の精”であることが判明し、興味を持った私は矢継ぎ早に木の精について質問しました。

なんでも森の中の特定の木の下に住んでいて

またフクロウについても、昔からアイヌの間では神聖な存在として、言えの守り神のように扱われ、珍重されてきた存在なのだとか。

うーん、フクロウはただの流行じゃないような。

でも、そのフクロウさんたちは、あまりにも現代的にデフォルメされすぎていてなんとなく気に入らなかったので、ほかではめったに手に入らないであろう、”木の精”を購入することに。

ほかの木彫り群が底にプライスシールが貼り付けてあったので同様に手に取った木の精についても確認してみるが、運悪く(良く)タグがありません。

おばちゃんに「この木の精はいくら?」とたずねつつ他の似たような”木の精”を手にとって確かめると\2000の文字が。

と同時におばちゃんの「うーん、たしか\2300かな?」

オイオイオイオイオイ。

直径7~8センチ、高さ20センチ弱の木彫りの”木の精”にしてはずいぶんと俗世間的な格付けだな・・・と思いつつまたおばちゃんのサバ読みにも参りつつ、「¥1500にならない?」

定価から25%、おばちゃん価格から35%引きの強気の価格交渉も、あっさり「いいよ」

うーん、値段ってあってないようなもの?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【北の国から'10】 仕事で北海道-29 千歳空港 | トップページ | 中途半端SEの憂鬱 »

07.■閑話休題・雑談」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/37219358

この記事へのトラックバック一覧です: 【北の国から'10】 仕事で北海道-30 千歳空港:

« 【北の国から'10】 仕事で北海道-29 千歳空港 | トップページ | 中途半端SEの憂鬱 »

Adsense

  • Adsense

RECOMEND

失敗しない家づくり