2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月23日 (水)

続・そうだ、絵を描いてみよう!~女優編~

■描き分けの難しさ・・・

IMG_1086

しばらく身近な人間のお絵かきをしていましたが、身近かつ特徴的な方達ばっかりだったのでそれなりに似せてかけていました。いや、いたつもり。

で、んじゃ似たような人を描いたら実際どれだけ描き分けられるのか・・・そんなテーマでとりあえず一人目。

私のとっても好きな女優さんなんですが、なんだかこの時点で敗北感が・・・・。
もう一人をよっぽど特徴ある表情で描かないと、自分でも区別が付かなくなりそうです・・・。

【送料無料】デッサン7日間

【送料無料】デッサン7日間
価格:1,890円(税込、送料別)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。 


2011年2月22日 (火)

マルゴトフレンチフライ

■規格外のじゃがいも

CIMG1558

農産物の“規格外”って知ってますか?
最近アウトレットとかでよく知られるようになってきたかと思いますが、大きさや形、傷などが原因で市場出荷価値がないと判断された野菜です。

秋ジャガイモは播種時期が難しくてこぶりな出来になるんですが、今年は夏が暑くて播種時期を見誤り、悲惨な出来でした。

とはいえせっかく作ったじゃがいもなので食べないわけにはいかないのですが、いちいち皮を剥いて調理するのは至極面倒です。

でそういう時に重宝するのがフレンチフライ。

写真では比較物がないから分かりにくいですが、市場じゃ絶対手に入らない直径3センチ未満の小イモちゃんばかりです。

我が家では、この形が受けるのか子供たちが大喜びで飛びついて食べます。おやつにするのもいいかも。なんせ揚げるだけだし・・・。

↓ロハスを自負するなら、こういう選択肢はアリだと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


釜玉バターうどん?だっけ?

■気になったらやってみるべし!CIMG1559

ちょっと前に誰かが「釜玉バターうどん」(ウル覚え)というものを紹介していた。
某うどん屋のメニューのようだったけど、調味料の組み合わせが面白かったので作ってみた。
調味料は、バター、玉子、コショウ。
うどんはいただき物の高級さぬきうどん(乾麺)です。

玉子は全卵を使っているようだったが、レシピから見るに卵黄だけ使ったほうが良さそう。
ということで作ってみましたが、こ・・・これはカルボナーラ・・・。

レシピが普通にカルボナーラなので当然といえば当然ですが、そもそも小麦粉を練った麺なので、同じ味になるのは必然ですね・・・・。

ちょっと麺の量に対して卵黄が足らなかったのですが、下味が必要かな?と、茹で汁に塩を多めに入れておいたのでバランスは悪くありませんでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


トラクター修理 修理編タイトプラグ(2)

■冷却水が漏れます

前回は、タイトプラグの交換第一歩でしたが、思わぬトラブルが・・・。
続きです。

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
○3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ(極微量)
5.ロータリーが降りっぱなしになる
→6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

P1130613

せっかく新品に交換したタイトプラグですが、ブロックとプラグの隙間からじんわり冷却水が漏れます。
多分前回の交換の時に、ブロックとプラグの間にドライバーでも突っ込んだんでしょう。
仕方がないので一回全部冷却水を抜いて、埋めることにします。
ここで使うのは、コニシの”クイックメンダー”。
二液混合のエポキシ樹脂接着剤です。
5分の初期硬化時間でガッチガチに固まります。アロンなんとか系の瞬間接着剤もいいのですが
ある程度恒久的にちゃんと治したい場合はこういったエポキシ系の接着剤をおすすめします。

P1130614

で、綺麗に水分を飛ばして、油分を払って、そこにヘアドライヤーを当てます。ホットモードで5分とか10分とか。
冬なので接着面の温度が低く、硬化時間が短くなるのを防ぐためです。
ドライヤーで温めている間に接着剤をネリネリして、硬化するまでに一気に盛ります。
で、あとはドライヤーをそのまま当てながらしばし休憩。
15分もすれば十分固まるので、再度冷却水をいれて漏れのチェックです。
さすがに今度は全く問題なしです。

■ラジエターキャップが妙にユルい

CIMG1550 

でふと、手に持ったラジエターキャップが妙にユルい事に気が付きました。
よくみると、いちばん外側の金属部分が腐食してちぎれかかっているではないですか・・・
あーまた部品買わないと・・・と思ったのですが
横着な私はこいつもクイックメンダーで接着してやることにしました。
夏場などは高い圧力がかかることになるので、さすがのクイックメンダーでも危ないと思い、たまたま手元にあった
建築用の金物を当て板にすることにしました。
サビや汚れをブラシやパーツクリーナーで綺麗にしたら、元あった位置にうまく収まるようにスペーサーをかましつつ
セッチャーク!

ご覧のようになりましたが、おかげでガッチガチです。
しばらくアイドリングさせて水温上げてみましたが、全く問題なさそう。
ということで、ちゃんとしたクーラントを規定量入れて、エンジンの水回りは終了~。
冷却水も劣化していくとエンジン内部を汚したり、錆びの元になって今回のようにタイトプラグを腐らせることになります。
水道水とかで横着せず、ちゃんとクーラントを入れ、定期的に交換しましょう。
って、いまどきディーラーがなんでもやってくれるか・・・。

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。



2011年2月18日 (金)

またつまらんものを作ってしまった・・・

■明日はFacebookの交流会。

Iamhere

何事も全力投球がモットーですが、コントロールがいまいちなのが私のいいところです。

明日はFacebook関連のイベントなのですが、またもやコントロールを失った何かがあらぬ方向へ全力投球されそうです。
誰かナイスキャッチしてくださいねー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


2011年2月16日 (水)

じゃがいも播種完了。

■機械化でずいぶんスムーズに。

image_004

先日夜なべしてキュアリングしていたじゃがいもの播種をしました。

去年の春ジャガイモは3kgを庭に。まぁまぁの収穫。
同じく秋ジャガイモは10kgを畑に。播種が予定より一週遅れ、予定より一週早い降霜で全然ダメダメ。

ということで、作り易い春ジャガに気をとりなおして今年は40kg種芋を仕入れました。
今回からは、畦立機+マルチャーがあるので、これだけの量の種芋でもなんとか一人で播種することが出来ます。

ということで、玉ねぎ畑の開いているスペース(20mx15m)に、畝を立てつつ(どんだけ畝がいるか検討がつかない)播種しました。

画像 001

結果的に20mx11畝。それでも種芋が1割ほど余ってしまいました・・・。
来週別の場所に播種します・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

霜柱だ!!何年ぶりだろう・・・

image_003

霜柱(しもばしら)って、知ってますよね・・・?

小さな頃は、通学路にある田んぼや花壇、はたまた校庭なんかに

水が凍結するほどの気温が低くなった日、(且つ地面に凝固するだけの十分な水分がある状態)地中の水分が凝固要するに氷になっていく過程で、上へ上へと土を押し上げていく、アレです。
踏むとサクサクするアレです。

今日たまたま朝通勤前に畑によったのですが、数日前の雪の影響でまだ水分量がタップリ且つ氷がはるほどの低温だったので霜柱が出来ていました。
最近では私の生まれ故郷である半田ですら田んぼなどが無くなって霜柱なんてとんと見なくなりましたが・・・

自然現象は、自然が身近にあるところでしか感じられません。
通勤に1時間半かかるクソ田舎ですが、美浜に住んでいてよかったなぁーと思う瞬間でした。

今度は子どもに教えてあげよう:-)

【送料無料】楽しい気象観察図鑑

【送料無料】楽しい気象観察図鑑
価格:1,995円(税込、送料別)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年2月12日 (土)

久方ぶりの写真撮影

■やるなといいつつ・・・・

CRW_7990 

ひょんなことから、知人の仕事のプロモーションを請け負うことになった。
つい先日友人に
”モニターとはいえ、タダで仕事はするな。プライドを持て”なんて偉そうなことを言いつつ、今回は知人との関係が関係だけに金を取るわけにはいかない方向に・・・。

ということで、素材としての写真撮影に。

CRW_8010

コーディネイターさんがいないと疲れる。

CRW_8178

色補正していないので変な色・・・。

【送料無料】誰でもプロ並みデジタル写真撮影術

【送料無料】誰でもプロ並みデジタル写真撮影術
価格:1,000円(税込、送料別)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


2011年2月11日 (金)

トラクター修理 修理編タイトプラグ(1)

■タイトプラグの交換

 P1130598

前回は、トラクターの修理ではよくあるオイルシールの交換でした。
次は、一般的なクルマでもよくある(ねーよ)タイトプラグの
交換をしてみたいと思います。

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
○3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ(極微量)
5.ロータリーが降りっぱなしになる
→6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

P1130599タイトプラグは、エンジンのシリンダーブロックやヘッドにある、鋳造成形の時にできる
どうしようもない穴だったような気がします・・・。
この穴を製造時に鉄のおわん型の蓋で塞ぐのですが、これが旧車だとよく腐食したりします。

今回はどうやら一度腐食したことを確認したが、面倒なのでパテで埋めた・・・という状態のようです。
面倒ではないし、これから長きに渡ってお世話になりそうなの で、きちんと交換しようと思います。

P1130603

ということで、おもむろに分解作業に入ります。
シリンダーブロックの横にはスターターが鎮座していて邪魔なので、外します。
外したら、タイトプラグにくっついている接着剤のようなものを取ります・・・とボタボタ冷却水(というかただの水)
が流れでてきました。どうせ交換するのでどうでもいいです。
タイトプラグはガチガチにハマっているので簡単には取れません。

P1130607

オイルシール&ベアリング交換の時にも登場したパイロットベアリングプーラーを使うために、15mm程度の穴をあけます。
そこにパイロットベアリングプーラーの爪を固定したら、あとはグルグル回して抜きます。簡単に抜けます。
道具は大事です。

■すごいゴミカス

P1130609 
フタの奥にフタのようなものが・・・・あれゴミです。

タイトプラグを外すと、すごいゴミカスの量です・・・これは一度シリンダーブロック全部洗ったほうがいいかもしれません・・・。
手の届く範囲のゴミを取り除いたら、新しいプラグを打ち込むために合せ面を綺麗にします。
今回は絶対に傷をつけられないので(ガスケットを挟まないので)慎重にスコッチブライトのようなもので磨きます。

P1130610

磨いていくと、なにやらシリンダー側に傷のようなものが・・・・微細なので目立たないし、ブロックの外側1~2mm程度しかないので新品のプラグ打ち込んで問題ありませんように・・・と祈ります。
ブロック側なので、ドウシヨウもないといえばどうしようもないのですよ。ブロック交換?
P1130612

で、最後に新品のタイトプラグを打ち込みます。縁の部分を全面均一に・・・はなかなか難しいと思うので、ベアリング打ち込むときのようにちょっとずつちょっとずつ入れていきましょう。
ブロックとツラの位置まで来ればOKです。早速水(テストなので水道水)を入れて修理箇所の確認をしましょう。

・・・・・・漏れる・・・・・。やっぱりさっきの傷の場所です。綺麗に漏れます・・・。

続く・・・

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。



2011年2月 9日 (水)

トラクター修理 修理編オイルシール(3)

■オイルシール組み付けです

分解清掃が終わったので組み付けです。
ハブシャフトのがたが気になります・・・。

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
→3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ(極微量)
5.ロータリーが降りっぱなしになる
6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

P1130596

新品のガスケットをはさみ、アウターASSYを車体側に組み付けます。
ギアケースの締め付けは、対角線上に行っていくのがセオリーですが、今回の場合オイルが合わせ面下の方に溜まっていることになるので、対角線と言いながらも若干下側を早めに締めていくことにします。
ボルトには前回の作業者が塗りつけた液状ガスケットがこれでもかと付いていたので、ワイヤブラシでゴシゴシ綺麗にしてから組み付けます。

P1130615
組み付けたら最後にギアオイルを入れますが、キャップボルトが動かん・・・ということで、バイスでスパナの口が開かないように固定しながら、レンチを掛けてテコの原理でグイグイと・・・取れた・・・。こういうのナメると嫌なんですよね・・・。
ということで、規定値の200ml、ギアオイルを注入し、しばらくそのまま放置します。しばらく放置して、ケースの下側を触ってみてオイルが手に付着しなければOK。ホイルを取り付けます。

こういう作業手順って、探している人多そうなんだけど文献として少ないので記録してます。
役に立ったら「いいね!」でお願いします。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。



2011年2月 8日 (火)

トラクター修理 修理編オイルシール(2)

■合せ面の平滑出てないし・

P1130575

前回はギアケースを割るところまでやりました。合せ面の平滑出てないし・・・

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
→3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ(極微量)
5.ロータリーが降りっぱなしになる
6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

自分も液状ガスケット使うことになるかも・・・と思いながら、ハブ側のケースを確認してから判断することにしました。

P1130576
ハブ側。
軸受のベアリングは圧入でありませんでした。
ギアを止めているサークリップ(スナップリング)を、スナップリングプライヤーで外します。

P1130579
これは車関係でミッションやらエンジンバラし始めると必須の道具です。絶対買いましょう。安いし。
ギアは簡単に外れます。

P1130583
アウターケースに圧入されている(と思われる)ベアリングとハブシャフトが硬いので、ここでギアプーラーを使います。
なるべくまっすぐに押すのがコツです。ベアリングはケースに圧入されていませんでした。

 P1130585
ハブが外れたらオイルシールを抜きますが、さすがに硬いので今度はパイロットベアリングプーラーを使います。
全部外れたら、車両側と同じように掃除します。
アウターは小さいので、洗い油(灯油)でジャブジャブあらいます。

↓安物は良くないですが、頻繁にやるんでなければこれでもOK。使ってみてダメだったらワンランク上のものに変えるスタンスで行きましょう。

■どうしようもないので、とりあえず組むことに

P1130592

洗い終わったらバラした順序と逆に組み立てます。
今回、ハブとアウターケースのベアリングだけ圧入の必要がありましたが、ウチにはプレスがないので適当な当金と金槌でコツコツ入れていきます。絶対に一気にやろうとしてはいけません。0.1MMずつ円を描く様に叩き入れます。
アウターケースに組み込む前に、車両側と合わせの確認をしました。どうやら合わせ全体で歪んでいるようで、一応合いが出ました。多少のズレはガスケットが補います。とは言え不安ですが・・・。


P1130595 アウターケースに各パーツを組み込みますが、オイルシールにハブを挿入する前に、シールのリップ面にギアオイルを塗布します。オイルシールはオイルを完全に遮断するわけではなく、ジワジワ漏れながら外からの侵入を防ぐようになっています。

 P1130593
そうそう、ハブシャフトのオイルシール滑動面が、妙にザラザラなのが気になりました。ある程度のザラザラはオイル保持のために必要なんですが、ちょっと穴が大きいような?
どうしようもないので、とりあえず組むことにします。反対側見て、著しく悪い状態だったらハブも交換です。イタタ。

長くなったので続きます。

↓ホントは欲しい油圧プレス。値段もたいしたことなんですが、油圧ジャッキとH鋼組み合わせたら作れるような気がして・・・。

油圧プレス(ショッププレス)12TON

油圧プレス(ショッププレス)12TON
価格:13,500円(税込、送料別)

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。



2011年2月 7日 (月)

トラクター修理 修理編オイルシール(1)

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

■早速修理に取り掛かります

P1130517 
ダラダラ。

部品も調達できたので、早速修理に取り掛かります。
今回は右前輪のオイルシール&ベアリング交換です。ここが一番ひどいので。

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
→3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ(極微量)
5.ロータリーが降りっぱなしになる
6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

漏れ方も”じんわり”や”ポタリ”とした漏れではなくて”ポタポタポタ”という感じなので
既に症状はMAXです。ここまで逝く前に交換できると長持ちするんですが・・・。

ということで分解。


P1130518 まずタイヤのボルトを緩めておいてからジャッキアップして
タイヤを外して・・・ひどい。ボタボタです。工具や手が汚れるので、軽く掃除します。
ギヤケースを固定しているボルトを外します。泥が付いているので落としてからやりがちですが
実はナットについた泥はソケットとの密着面積を増やしてくれたりする(応力分散)ので完全にきれいにするより
ソケットが奥までハマる程度に軽く落とすほうが良かったりします。
P1130519

【送料無料】はじめてのバイクメンテナンス

【送料無料】はじめてのバイクメンテナンス
価格:2,730円(税込、送料別)

■オイル受けを置いておかないと

P1130520

で、合せ面にスクレーパーなどを差し込んで合わせ面を割るのですが、その前にちゃんとオイル受けを置いておかないと
大変なことになります。今回大変なことになりました。

P1130524
こういう合せ面を割るとき、大型の機械では”ジャッキボルト”というのがあって簡単に外せるようになってるんですがこれぐらいの大きさだとないですね。便利なのに。

P1130526
で、慎重にハブごとアウターケースを抜きます。ハブ→オイルシール→ケース→ベアリング→ドリブンギア→サークリップ
という感じに並んでいます。こんだけセットで抜けてきます。
スクレーパーで車体側の合せ面を綺麗にします。前の作業者が液状ガスケットを愛用していたらしく、液状ガスケットがベッタリです。指定がない限り、また著しく歪んでいない限り液状ガスケットは使うべきではありません。
そもそも歪んでいたらケース交換です。
スクレーパーが終わったらオイルストーンで平滑を出すのですが、ここで問題が・・・合せ面平じゃないんだけど・・・・

P1130528

続きます

旧型自動車整備要綱

旧型自動車整備要綱
価格:1,575円(税込、送料別)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


2011年2月 6日 (日)

【DIY】 ~トラクター修理 部品調達編~

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

■種まきが始まる・・・

P1130506

さて、購入した中古トラクター。以下のような不具合が上がっていますが、どこからてをつけたもんかなーと。
まごまごしていると、2月から早いものでは種まきが始まるので、部品だけでも注文します。
ということで部品が必要になるのは・・・。

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ(極微量)
5.ロータリーが降りっぱなしになる
6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

3~6ってところですね。
ということで3・4については前後輪のアクスル軸外側(外気・粉塵に暴露する側)のオイルシール全てと、
アクスル軸のベアリング、それからアクスルケース(ギアケース)のガスケット。(漏れは右前輪だけですが、事前に交換することで痛みも減り、結果的に長持ちします。)
5については油圧ピストンのOリングと油圧シリンダケースのOリング(パッキン)。
6についてはタイトプラグを発注しました。

P1130498
↑一個¥3000のオイルシール。高い。

で、全部で5000円もあれば足りるだろうと思っていたら、¥14000ナリ。
ええええええ!オイルシールとガスケットだけだよ?よ?よ?
よく見てみると、アクスルのオイルシールが高いです。一個¥3000ナリ。
特殊車両(農耕車)の粉塵曝露側ということで、どうも特殊なオイルシールのようです。
そりゃそうだわな・・・

ベアリングは汎用品なので、モノタロウで買いました。多分こっちのほうが安い。
NTK製のベアリングが一個¥200~でした。ベアリングのほうがガスケットより安いとか・・・
ガスケットも今度は汎用ガスケット使おうかな・・・。

↓ボクが最初にばらしたエンジンは、13B-REWでした。ロータリー最高です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


2011年2月 4日 (金)

【DIY】 ~トラクターの現状確認~

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

■あら、意外とあるね。

ということで手に入れたトラクター、安全に使用するためにまずは目視確認です。
エンジンの始動、駆動系の動作確認は積込み荷降ろしで大まかに終わっています。

P1130178 さて確認してみると・・・

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ
5.ロータリーが降りっぱなしになる
6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

うーーーー・・・・・ん・・・・。
わくわくしてまいりました!
よく愛する妻に
「しんたん(私の愛称)は、弄るためにわざわざ壊してるよね」
とか、
「壊れたのに楽しそうだね」
とか言われます。

【送料無料】旧型自動車整備要綱

【送料無料】旧型自動車整備要綱
価格:1,575円(税込、送料別)

■作業が殊の外好き

P1130202 うーん・・・・楽しいです!
もちろん壊れた(ている)ことは楽しくないですが、その後の確認→修理→検証という作業が殊の外好きですね。
修理する過程ももちろん楽しいですが、修理がうまくいって調子良くなったときは一入(ヒトシオ)です。

さて調査した不具合ですが、以下のように対処(修理)します

電装系死亡 → 古いので全配線引き直し
バッテリー死亡 → 高いので家にあるのを再生
右前輪オイルシールから漏れ → オイルシール交換
左後輪オイルシールから漏れ → オイルシール交換
ロータリーが降りっぱなしになる → 油圧ピストンのOリング交換
エンジンのタイトプラグからクーラントもれ → タイトプラグ交換

高いとすれば、バッテリーが一番高いでしょうか・・・オイルシールなんて数百円のものです。
うまく治ればいい買い物!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


SharePointService on Windows Home Server

imagesWindowsHomeServer

SharePoint ServiceそのものはWindiwsServer2003~で動くということで、そいういえば我が家で運用しているWindows Home Serverでは動くのかな?と気になり調べてみると、インストールは可能なようで。

Windows Home ServerにSharePointServices3.0をインストールする方法(英文&PDF)
How-to Install SharePoint Services 3.0 on Windows Home Server

WundowsHomeServerはWindows Server2003をベースに開発されています。コンパネのUIがライトユーザー向けに分かりやすくなっているのが特徴です。
イメージからHomeserverのコントロールパネルそのものの機能をSharePointで実現しているようにも思えたんですが、よく考えるとサーバーのコンパネとグループウェアって全く関係ないですね。

外部公開がすでにHomeServer上で可能になっているので、うまいことSharePointServicesを載せられれば、時々遭遇する”出先でのファイル管理”が可能になりそうな気がします。

とりあえず載せるだけ載せてみよう。

トラクター買ったぜ!

■念願の・・・

P1130160 

昨夏の雑草の凄さに辟易し、なんとか効率化が図れないかと考えておりましたが、やはり出来ることといったら機械化です。

とはいえ小型の管理機は既に導入済みです。

ではなんでさらに必要とするのか?

いやそれが、さすがに一反ほどになると週末の限られた時間だけでは小型の管理機だけでは思うように耕耘できず、耕すだけで時間切れでその後の周辺管理というか、除草などの雑務に時間が全く割けないのであります。

できれば播種や定植前の畝立て、マルチがけなんて大雑把な仕事は、可能なかぎり自動化してしまいたいものです。

なのでその先にある機械化といったら多少大きめのトラクターになるのですが、トラクターって高い!

(といいつつ実は新車の10馬力ちょっとのものだったら100万円出せば買えるんですね・・・)

ということで、しばらくヤフオクで中古トラクターを物色しておりました。

圃場が狭い上に保管する場所も狭いので、できれば扱いやすい小型のものを・・・(お金もないし)と目星をつけたのが

クボタのB7000という機種です。

P1130159

しかし実は30年程度も前の機種なので、よっぽど扱いが良く程度がいいものを選ばないと、フツーの人は泣きをみることになります。修理代が高くつきますからね・・・。

しかし幸いなことに私は自前である程度(旋盤やフライス使って部品を作らなければいけない一歩手前)までは修理ができるため、部品代だけで修理が可能。

どうやら古いといえど、部品供給は今でも十分可能なようなので(幸いクボタの営業所が歩いていける距離にある!)

手に入れる価値は十分あります。

ということで紆余曲折あって手に入れたのがこのB7000。予算10万円だったのですが、ヤフオクで本体61000円。引取にかかったコストが20000円だったので、約8万円の買い物です。うーん・・・高い。

あとはこれにどれだけメンテナンス費用がかかるか・・・。

【送料無料】おっぱいとトラクター

【送料無料】おっぱいとトラクター
価格:840円(税込、送料別)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。


2011年2月 3日 (木)

Microsoft Office SharePoint Server

ICOPY79

社のプロジェクトとして携わることになった。
最近オープンソース系の様々なCMSがあって、個人的な用途には本当にお世話になっている。

ブログだとWordpressとか、サイト管理だとConcreteだとか、SNSだとAffirioだとか、データ整理だとPukiwikiとかポータルだとXoopsとか・・・。

MS製品だからという嗜好の問題は置いておいて、エンタープライズ用途で省コスト低リスクで導入できるという意味では、このSharePointは非常に優れた製品だと思う。
上記に上げたオープンソース系のCMSは、基本的にいろいろな開発コミュニティがそれぞれに開発していてたしかにいいものなんだが、統合環境というとそういえば見当たるものがない。
連携しようと思うと、少なからずコーディングが必要だ。

SharePoint?と最初は懐疑的だったが、知れば知るほどエンタープライズ用途ならこれひとつあれば大抵のことは要足りてしまうんではないかと思った。しかもほとんどコーディング要らずで。

MS製品だという嗜好の問題は置いておいて、やはりいいもんはいいもんだというね、そういうおはなし。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

RECOMEND

失敗しない家づくり