2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« トラクター修理 修理編オイルシール(1) | トップページ | トラクター修理 修理編オイルシール(3) »

2011年2月 8日 (火)

トラクター修理 修理編オイルシール(2)

■合せ面の平滑出てないし・

P1130575

前回はギアケースを割るところまでやりました。合せ面の平滑出てないし・・・

1.電装系死亡
2.バッテリー死亡
→3.右前輪オイルシールから漏れ
4.左後輪オイルシールから漏れ(極微量)
5.ロータリーが降りっぱなしになる
6.エンジンのタイトプラグからクーラントもれ

自分も液状ガスケット使うことになるかも・・・と思いながら、ハブ側のケースを確認してから判断することにしました。

P1130576
ハブ側。
軸受のベアリングは圧入でありませんでした。
ギアを止めているサークリップ(スナップリング)を、スナップリングプライヤーで外します。

P1130579
これは車関係でミッションやらエンジンバラし始めると必須の道具です。絶対買いましょう。安いし。
ギアは簡単に外れます。

P1130583
アウターケースに圧入されている(と思われる)ベアリングとハブシャフトが硬いので、ここでギアプーラーを使います。
なるべくまっすぐに押すのがコツです。ベアリングはケースに圧入されていませんでした。

 P1130585
ハブが外れたらオイルシールを抜きますが、さすがに硬いので今度はパイロットベアリングプーラーを使います。
全部外れたら、車両側と同じように掃除します。
アウターは小さいので、洗い油(灯油)でジャブジャブあらいます。

↓安物は良くないですが、頻繁にやるんでなければこれでもOK。使ってみてダメだったらワンランク上のものに変えるスタンスで行きましょう。

■どうしようもないので、とりあえず組むことに

P1130592

洗い終わったらバラした順序と逆に組み立てます。
今回、ハブとアウターケースのベアリングだけ圧入の必要がありましたが、ウチにはプレスがないので適当な当金と金槌でコツコツ入れていきます。絶対に一気にやろうとしてはいけません。0.1MMずつ円を描く様に叩き入れます。
アウターケースに組み込む前に、車両側と合わせの確認をしました。どうやら合わせ全体で歪んでいるようで、一応合いが出ました。多少のズレはガスケットが補います。とは言え不安ですが・・・。


P1130595 アウターケースに各パーツを組み込みますが、オイルシールにハブを挿入する前に、シールのリップ面にギアオイルを塗布します。オイルシールはオイルを完全に遮断するわけではなく、ジワジワ漏れながら外からの侵入を防ぐようになっています。

 P1130593
そうそう、ハブシャフトのオイルシール滑動面が、妙にザラザラなのが気になりました。ある程度のザラザラはオイル保持のために必要なんですが、ちょっと穴が大きいような?
どうしようもないので、とりあえず組むことにします。反対側見て、著しく悪い状態だったらハブも交換です。イタタ。

長くなったので続きます。

↓ホントは欲しい油圧プレス。値段もたいしたことなんですが、油圧ジャッキとH鋼組み合わせたら作れるような気がして・・・。

油圧プレス(ショッププレス)12TON

油圧プレス(ショッププレス)12TON
価格:13,500円(税込、送料別)

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。



« トラクター修理 修理編オイルシール(1) | トップページ | トラクター修理 修理編オイルシール(3) »

04.■クルマ遊び」カテゴリの記事

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/38794516

この記事へのトラックバック一覧です: トラクター修理 修理編オイルシール(2):

« トラクター修理 修理編オイルシール(1) | トップページ | トラクター修理 修理編オイルシール(3) »

RECOMEND

失敗しない家づくり