2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月26日 (金)

【DIY】木工用ボンド(速乾タイプ)の謎 ~その2~

■問い合わせ窓口からお返事もらいました。.

CIMG2188

というわけで前回、メールにてコニシさんに問い合わせをしました。

結果、文面では回答しきれないということで電話にてご対応いただきました。

結論から言うと、たしかに木工用ボンド(通常タイプ)と木工用ボンド(速乾タイプ)での違いは、酢酸ビニル樹脂と水の構成比だけだそうです。

また、木工用ボンド(速乾タイプ)を速乾タイプ足らしめる理由についても、より水分含有量が低いほうが乾燥が速いためという考え方についても間違いないようです。

結果を「パッケージに書いてあるんだからそうだろう」では賢い消費者とはいえません。

そこでの私の疑問は、ほんとに単純に構成比だけなの?
というところだったんですが、そのあたりについて突っ込んでみると、さらに回答が。

CIMG2187

水が多ければ 乾くのが遅い

水が少なければ乾くのは早い

ここが今回の争点ですが、しかし水の量の差で変わるのは乾燥の速度だけではありません。

水が多ければ粘性は低く

水が少なければ粘性が高く

なるはずなのです。

たしかに、以前木工を専門的に勉強しているとき、広大な面積に均一的に接着剤を塗布する際ハケを用いたのですが、そのままでは塗りにくいため水で希釈して粘性を下げて使用していました。

14%の水分含有量によってどれだけ粘性が変化するかわかりませんが、コニシでは木工用ボンド(通常タイプ)と木工用ボンド(速乾タイプ)の使い勝手に差が出ないために、酢酸ビニル樹脂そのものの成分を調整して、異なる水分量でも同じ使い勝手(粘性)で利用できるように工夫しているとのことでした。

ほほーう、たしかに通常タイプも速乾タイプもほとんど変わらない使い勝手だった気がします。

次回は、その点フィーチャーして調査してみたいと思います。

参考までに、今回電話でお伺いしたような話は以下の「接着読本」に記載されているようです。

46Pの大ボリューム。電車のお供にもどうぞ。

コニシ株式会社

接着読本

http://www.bond.co.jp/bond/bondbook/index.php

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月24日 (水)

【DIY】木工用ボンド(速乾タイプ)の謎 ~その1~

■長らく愛用している木工用ボンド!

CIMG2191

DIYERの皆さん、DIYで節電、取り組んでますか?

さて、今回は節電とは全然関係ありません。

世は夏休みで、ホームセンターに行くと夏休みの工作と銘打ってDIYコーナーが子供向けに拡充されていますね。

そんな季節感とは無縁に、今日もDIYを楽しんでいますが、木工の友、木工用ボンドが切れたので買いに行きました。

で、件の夏休み工作コーナーに行くと、愛用の木工用ボンドがありました。二種類。通常タイプと速乾タイプです。

別に新製品というわけではありませんが、ふと疑問に思ったので今日はその木工用ボンドのエントリー。

特殊用途のボンドと言うと、原料が変更されていて化学反応が早く進行するようになっていたり、触媒を用いて反応速度を早めたりと工夫されています。

私が木工用ボンドを愛用するのは、刺激の強い劇物や薬品を使っていないこと、水溶性で有機用剤を使っていないことから、木工という割と体に近いモノを作るにあたって安心だからです。

加えて、ギター職人を目指して切磋琢磨していた時に、工房で木材の接着に普通に木工用ボンドが使われていたことから高い信頼を得ているのは間違いないと確信したからです。

で、やっと本題。

CIMG2199

そんな木工用ボンドですから、これまではずっと伝統の黄色いボディの通常タイプを使っていました。

何となく、速乾タイプは妙な化学薬品などを使って硬化促進させていると思い込んでいたからです。

いつもはいろいろな買い物の一つとしてボンドを棚から取ってカゴに投げ込むというような買い方をしていましたが、今回は本当にボンドだけを買いに来たので、ふと疑問を解消すべく、ラベルの成分表記を確認してみました。

■違いは構成比だけ???

木工用ボンドは、一般的には酢酸ビニル樹脂系エマルジョン接着剤と呼ばれるモノで、シンプルに言うとビニル樹脂を水で乳化させたモノです。

いずれも原材料には

•酢酸ビニル樹脂

•水

CIMG2187

しか書いてありません。

しかしよくみると、微妙に配合比が異なることがわかりました。

そこで、その構成比について敬愛する

コニシ株式会社の問い合わせ窓口に問い合わせてみました。

http://www.bond.co.jp/index.html

以下がその内容です。

******************************************

木工用ボンドの成分についての質問です。
木工用ボンド(通常タイプ)
酢酸ビニル樹脂(41%)水(59%)
木工用ボンド(速乾タイプ)
酢酸ビニル樹脂(55%)水(45%)
とありますが、差は酢酸ビニル樹脂と水の構成比だけでしょうか?
(水分が少なければそれだけ乾くのも早いので”速乾”?)
技術的にできるかどうかはさておき、より水分の含有量を減らせばより速乾に、速乾タイプに水を足した場合、通常タイプになり得るということでしょうか?
くだらない質問ですが、よろしくお願いいたします。
なお、本質問ならびに回答は私が開設しているブログにてエントリーさせていただく予定です。
以上、よろしくお願いいたします。

******************************************

さてさて、次回のエントリーは、質問への回答が来てからにしたいと思います。

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月14日 (日)

【閑話休題】昼間っから…

1313291244135.jpg
魚太郎で昼間ッからビールと刺身定食。
実は地元ながら、魚太郎で食事したことはなかったんだけど、刺身の質はさておきボリュームはなかなか。
ただし本物の地場産の海産物を手に入れたい時は、魚太郎でもなく、豊浜のさかな広場でもなく、師崎の朝市が圧倒的にオススメ。

2011年8月13日 (土)

【PC & Gadgets】Hey, Scripting Guy!

■公式でもジョークのセンスを忘れないところは欧米ならでは。

SEという仕事柄、技術的な壁にぶち当たるとネットから情報を探してくるんですが、仕事で使う技術がMicrosoft系な場合はMicrosoftのオフィシャルな技術支援サイトによく辿りつきます。

今回は、Excelにアクティブディレクトリの情報を抜いてくる方法を探していたんですが、静寂が支配する事務所で声を出して笑そうになるほどナイスなドキュメントに出会いました。

何がどう面白いとかは説明するとツマんなくなるので、面白さはページを見て感じてください。

技術者じゃなくても楽しめる内容だと思いマす。

あー、久々に笑った。

あ、しっかりと技術的な情報は得られましたよ。

 

「Hey, Scripting Guy!Active Directory で Excel スプレッドシートに格納されているユーザー名を検索する方法はありますか(コミュニティ)」

http://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/ab2d174e-f79b-4e45-b0cc-1065954d990c/

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月12日 (金)

【スローライフ】カブトムシのブローチ

■ちょっとちっさいカブトムシ

R0016207 

子供たちとサイクリングをしながらいつものビーチランドに出かけた時、道端でうごめく黒い物体が。

ここらではよくベンケイガニやアカテガニを見かけるので、遠目にカニかな?と思ったら、カブトムシでした。

鳥か何かにおもちゃにされたらしく、背中に傷を負っており、飛ぶことができないようでした。

R0016201

「触りたーい」というのでひとしきり触らせたあと、ブローチの如く背中にペタリ。

自然界では生きられないけど、それも自然の掟とも思いつつ、ちょっぴりかわいそうだったので家に連れて帰って

飼育しておりましたが、残念ながら一週間ほどでお亡くなりになりました。

生命の本質、次世代を残すことはできたんでしょうか。

ところで、最近見かけるカブトムシ、ちっちゃくなったと思いませんか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月11日 (木)

【スローライフ】イソギンチャクに見る自然の美

■いかにしてこの美が生み出されたか 。

R0016214 

”自然の織り成す美”については時々エントリーしていますが、こと海洋生物の色鮮やかさにはいつも驚かされます。

生物が色や形を持つに到った経緯はいろいろ言われていますが、経緯はさておき今こうして目にすることのできる美しさはたとえようのないものがあります。

イソギンチャクなんて言う非常に原始的な生物でも・・・です。

こんな美しいものを眺めらえることに、感謝です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月10日 (水)

【100+DIY】猫タワーを自作するぞ ~その7~

■最終組み立て

CIMG2202 というわけで作ってまいりました自作猫タワー(キャットタワー)ですが、それぞれのパーツも揃ったためいよいよ最終組み立てです。

各階層ごとに床板+柱というパーツを作ってきましたが、それらを床板から固定するという流れを基本に組み立てていきます。

下から上に・・・ですね。

しかし基本的に床板にはカーペットが貼ってあります。そのままカーペットを挟み込んで組み立ててもいいのですが、そうなると造作ビスよりも鬼目ナット+ボルトという組み合わせのほうが強固につきます。

ただし鬼目ナットも安くないので、今回は造作ビス+ボンドという方法で固定することにしました。

ボンドによる固定で応力分散するため、強固とはいえ負荷が集中する鬼目ナット+ボルトより強固に固定できます。

まずは位置合わせを行って鉛筆などで柱を置く位置にマーキングします。

マーキングしたら、よく切れるカッターナイフでマーキングした位置をカットします。

CIMG2193

柱が丸なので、当然丸く切れることになると思いますが、幸いナワナワを巻いていて飾り縁のようにカーペットと柱の間を隠してくれるので、ちょっとぐらい変に切れても問題ありません。

あとは切った場所に木工用ボンドを塗り塗りして、柱を合わせたら裏から造作ビスで留めるだけです。

CIMG2195

このように固定すると、猫はもちろんのこと子供が乗ったぐらいではびくともしなくなります。

この工程を下から繰り返し、多少面倒な猫ハウスを経て最上部にたどり着きます。R0016347

■完成披露。R0016341

猫ハウスの部分はこの構造物の中で最も大きくまた重量もあり、かつ上に乗っかるタワーもあるので、三本の脚で支えるようにしています。

また三本の脚はそれぞれオフセットして、猫が上部で暴れまわったときの荷重をうまく分散できるようにしています。

床板を支える柱と、その上に乗る柱がオフセットする場合は取り付けはそれほど難しくないのですが、柱の真上にその上の柱が載るような場合は固定の仕方に工夫が必要になります。

R0016268

今回こういう個所は一か所しかありませんでした。

うまいことそうなるように設計するのも重要かもしれませんね。今回少なくなったのは計画ではなく全くの偶然です。

というわけで完成した自作猫タワー(キャットタワー)。猫に具合を聞いてみました。

R0016351

ともに無言です。

そもそも我が家はなるべく”壁”を取り払って非常にオープンな空間にしているので縦横無尽に全力疾走しておりますし、またわざわざこんな自作猫タワー(キャットタワー)に登らなくても二階の吹き抜けから存分に高さを感じることができるので必然性を感じていないようです。

方や嫁さんは、いかにも”猫を愛している”愛猫家のシンボル!のように見てとれるようで至極ご満悦でした。

なにはともあれ、誰かが満足してくれるものを作るというのは楽しいものです。

たとえそれが本質から”微妙に”外れていたとしても・・・・

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月 5日 (金)

【100+DIY】猫タワーを自作するぞ ~その6~

■猫には贅沢すぎる設備。

さて、飾りの一つ、ナワナワを作りましたが、市販の猫タワー(キャットタワー)を見ると、もうひとつあっても無くてもいいようなオブジェクトがあります。それが、ツリーハウスです。

ツリーハウスというと、でっかい木の上に作る家なんですが、この猫タワー(キャットタワー)にある猫小屋もまさにツリーハウスのようではないですか。

私も自宅の庭にでっかい楠でも生えていたらツリーハウスでも作ろうかとか考えるんですが幸運なことに生えていないので断念している状態です。今から植えて30年後に・・・ってのも夢とロマンがあっていいですね。

■贅沢だが手間は掛けたくない。

さてそのツリーハウス、ここだけ箱モノになっているので慎重に作らないとイタタなことになりますが、かといって綿密に計画するほどのシロモノでもありません。なんせ猫の家ですから。

CIMG2171

ということで、適当にそこら辺にあった端材で、床板(兼天井)を支える柱を作りました。角の合わせだけ適当にやると後がみっともないので、そこのみ慎重に行いました。

固定は例によって造作ビスと木工用ボンドです。

CIMG2175

床板(兼天井)と柱でできた構造に、壁を付けます。

壁は、これまたそこらに転がっていた羽目板を使いました。

CIMG2176

これはホゾとサネを加工した板で、床板や壁の腰板などに利用します。

材質は杉です。

家のあらゆる表しの木材は杉を用いているので、猫の家も調和がとれるでしょう。

さて、構造に合わせてカットしたらあとはボンドで固定です。

羽目板用の隠し釘なんてのもあるんですが、なんせ猫タワー(キャットタワー)の猫の家なので適当です。

完全に囲ってしまうと後々やっかいなので、入口(らしきもの)とメンテナンス用のドアを作ることにしました。

R0016308

というわけで完成したのが猫タワー内ツリーハウス(仮)です。

ちょっとした飾り窓も付けて、間違ってもここがコアラの居住区でないことをアピールしています。

R0016306

かわいらしさを出すために、武骨だった入り口も若干アーチにしてみました。

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月 4日 (木)

【スローライフ】ビーチコーミングでしゃれこうべ

■ときにはこんな漂着物。

R0016241 

普段散歩がてらするビーチコーミングでは変わった形の流木や貝、漂着物を見たり拾ったりして楽しんでいますが、

今回はチョット変わったものを見つけました。

それがこれ、おそらく小型海生哺乳動物の頭蓋骨です。

奇麗に肉は腐り落ちていて、ほかの部位も見当たらないことからどこかから頭部だけ流れ着いたのではないかと思います。

大きな物の割に浜の奥のほうにあったので、この間の台風によって流されてきたのではないでしょうか。

大きさからすると子供のイルカかスナメリでしょうか?

普通の人(嫁)が見たら「気味が悪い」と言いそうですが、

そんなセンチな感情を持ち合わせない私はめったに見ないものなので玄関のオブジェにすべく持ち帰りましたw

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

【100+DIY】猫タワー(キャットタワー)を自作するぞ~その5~

■構造はよし。次は飾り要素。CIMG2186

前回までに、カットして→カーペットを貼り付けて→柱を取り付けて・・・という主に構造的なところは作り終えました。

今日から二回ほどは、飾り的なものです。

一つ目は、市販の猫タワー(キャットタワー)には例外なく付いている、柱のナワナワ。あれ、なんでついているんでしょうか。

爪とぎ用?猫が上るため?

よくわかりませんが、クライアントの要望は”形がそれっぽいこと”なので、そのとおりにしてみます。

市販の猫タワー(キャットタワー)のナワナワの素材はどうやら麻のロープのようです。

しかし、そんな太い麻のロープ売ってないよ・・・あったとしても結構なコストになりそうです。

ということで今回は、いつもの農業コーナーにあるシュロ縄を利用しようと思って探しに行ったのですが、なんとそこで

太さ、長さともにおあつらえ向きな稲藁のロープがありました。なんと100mで¥630。これはリーズナブル。

強度的に麻縄には劣ると思いますが、いずれ壊れることを前提に作るのなら高価な素材を奢る必要はありません。

ということで入手した稲藁ロープを巻きつけます。

■キャットタワーの柱のナワナワのポイント

ポイントは、

・巻き始めをタッカーでキッチリとめること

CIMG2204

・柱にボンドを塗って強固に接着すること

CIMG2207

・縄を、締める方向によじりながらまくこと

Image

・まいたらしっかりと隙間を詰めること

Image(1)

・まいたら一度、巻く方向に向かって締め直すこと

maki

でしょうか。こうしたポイントを抑えることで、猫が少々悪さしたぐらいではほつれなくなります。

ただ、ボンドについては最初の一本以外は私は辞めました。

というのも、いざボロボロになって巻き直しが必要になったとき、部分的にボンドでくっついていると剥がし取るのが面倒になる気がしたからです。

まぁこの辺はメンテナンスにかける時間をどれだけ取れるかという作業者の経験則によるので、ご自由になさってください。

 CIMG2209

ということで、飾りなのかなんらかの実用性をもったものなのかよくわからないナワナワを巻くことができました。

ちなみに、5尺60∮の丸太にきっちりまいたら、ほぼ100m使い切りました。ナワナワは多めに用意しておきましょう。

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月 3日 (水)

【スローライフ】ウミガメの産卵

■自然の営みが身近に感じられる街。

R0016203

ちょっと前の話になりますが、散歩の途中ウミガメの産卵場所の保護柵を見かけました。

我が家のすぐ近くの海岸には、時々こうしてウミガメが産卵にやってくるのです。

ニュースで検索してみると、どうやら6月の22日ごろの産卵だった模様。

孵化にはだいたい二カ月かかるので、お盆休みに甥っ子たちが来たとき、タイミングよく孵化の様子が見せられるといいなぁと思いました。

産卵そのものも8月まで続くので、暇な夜散歩がてら産卵シーンでも探したいなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

【100+DIY】猫タワー(キャットタワー)を自作するぞ ~その4~

■工程はちゃんと確認しましょう。

先日は先走ってカーペットを貼ってしまいましたが、作業工程的には先に柱を取り付けるべきです。

というのも、柱の固定は床板の天面から下の柱に下向きにビスを打ち込んで固定するので、先にカーペットを

貼ってしまうと、ねじが打てなくなってしまうのです。これは良くない。

↓理想は、こう。

Image

ということで、やってしまった一枚は、慎重にカーペットの一部を切り裂き、柱を取り付けます。

■やりなおしCIMG2196

カーペットを切り裂き、慎重にボンドをはく離して、穴をあけて柱にボンドを付けて固定したらえいえいえいえいえい!

と造作ネジを射込んで終了。

CIMG2199

きれいにカットすれば、失敗してカットした跡もごらんのとおり目立たなくなります。

CIMG2198

とはいえ、そもそも失敗しなければいい話なので、工程はしっかり考えましょう。

ということで、まずは柱を先につけたほうがいい場所に柱を付けます。

この柱の配置も、1~2段ぐらいならいいのですが段数が多くなると強度の問題にも絡むので慎重に位置決めをしましょう。

次回は、取り付けた柱に猫タワー(キャットタワー)によくある爪とぎ用?なのか何なのかよくわからない縄を巻きつけます。

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月 2日 (火)

【スローライフ】オケラだって♪オケラだって♪

■手のひらを太陽に透かしてみますか。

R0016198 

最近土を掘り返す作業を色々とやってるんですが、そんな時にはいろんな土の中の生物と出くわします。

一番多いのがダンゴムシ、続いてがミミズ、そしてアリ・・・が常連でしょうか。

時々落ち葉が多めのところなどはカナブンの幼虫などが見られます。

今回は、有名な”手のひらを太陽に”でも登場する、オケラ(螻蛄と書くようですね)を発見しました。

実はここのところよく見かけて、これで三度目。

しかもこのオケラ、育苗用のトレイの中におりました。何らかの拍子に落ちたのが、逃げられなくなった模様。

子供たちに観察させたあと(土を掘る前足が特徴的ですね)逃がしてやりました。

実のところ私も数十年ぶりに見た気がします。

とても珍しいので幼いころは見つけると興奮したものです。

↓売ってることに驚いたw

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

2011年8月 1日 (月)

【100+DIY】猫タワー(キャットタワー)を自作するぞ ~その3~

■猫タワーの床板にカーペットを貼るCIMG2157

あっという間に材料の切断が終わりましたが、おもな構造物の一つである床板には、カーペット生地を貼らなければいけません。

まずは、切り出した床板を一様に並べてみます。

ある程度生地に余裕が出るように床板を切ったつもりでしたが、まぁなかなかに目論見どおりにいっているようです。

床板のカーペット地の大きさは、床板の大きさより縦横それぞれ5センチ程度大きくなるようにしています。

これは、床板の表に貼った後、厚さ方向に回り込んで、床板の裏側でしっかりと固定するための貼り代を設けるためです。

Image

■せっかくの猫タワーだし。

CIMG2161

実際に生地をカットしたら、今度は貼り付けます。

角がうまくおさまるように、写真のようにカットします。
板の厚み分だけまっすぐにカットし、裏側に回ったところで斜めにカットします。

このとき、角の重なる部分だけチョット多めに切るのがコツです。

慎重に四隅のカットが終わったら、そのまま動かさずにまず一辺を貼り付けます。

板の上に乗って動かないように固定したら、ボンドを塗り塗りします。

CIMG2163

木工用ボンドかゴム系ボンド(G17とか?)がいいかと思います。

生地を引っ張りつつ床板の裏側に回り込ませ、タッカーでガシガ シ固定します。

CIMG2165

柔らかい木の場合、一般的なステープラーでもいけるでしょう。

タッカーは本固定用のためではなく、あくまでボンドが乾くまでの固定用というスタンスです。

(だからといって固まった後針を抜きはしませんが・・・)

一辺の固定が終わったら止めた場所が大きくずれないように慎重に床板を持ち上げ、

床板の天面にボンドを塗ります。

CIMG2167

ボンドを塗ったらそのまま下して、あとは最初の一辺と同様にボンドとタッカーを駆使して固定していきます。

これで一枚出来上がり。

CIMG2169

タッカーは安物を買うと針がうまく出なかったり、力が足りなくて板に打ち込めなかったりと作業に結構なストレスを感じていやになるので、タッカーは(タッカーに限らず道具は)いいものを使いましょう。

 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  / 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

RECOMEND

失敗しない家づくり