2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【DIY】木工用ボンド(速乾タイプ)の謎 ~その2~ | トップページ | 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その2 »

2011年10月 1日 (土)

【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その1

■まずは計画から。

さて、久々にものづくりのエントリーを行ってみたいと思います、

先日、図書館で”趣味のカントリー雑貨”だったかなんだか言うDIYに関する本を借りてきたところ、妻がぱらぱらとめくりだしました。

DIYというキーワードにはそれほど敏感に反応しませんが、雑貨というキーワードに反応したようです。

パラパラとページをめくってふと目を留めたページが、ティーパーティの1シーンとともに、カントリー調のトレイ(お盆)を紹介したページでした。

最近DIYまでは行かずとも、ハンドメイド、ハンドクラフトといったことには興味があるらしく、

「これなら私でも作れるかな?」

と問いかけられました。

トレイ程度なら、造形に凝らなければ加工部分も接合部分も少ないし行けるな・・・と思った私は、

せっかくなにかに対してやる気になっていることだしこれはいい機会だと重い

「おぉ、これならいけるんじゃない?」と言うと

「お盆なかったし、これならかわいいしいいよね」と

なかなか乗り気なようです。

ということで、熱が冷めないうちにと大まかにイメージと大きさだけ決めて、翌日には材料をそろえておきました。

さすがに翌日の材料入手にはちょっと引き気味でした・・・。

イメージとしては・・・

・角型長方形

・両サイドに取っ手が着いている

・カントリー調の造形

・取っ手のところの造形はハート型(←妻にとってはここがもっとも重要)

のようです。


私はこれぐらいが好き

それほどの強度を要求するものでもありませんし、材料はあるものでよさそうです。

とはいえ、普段大物ばかり作っているせいか逆に小物用の材料がない・・・ということで

いつものようにホームセンターに出かけました。

いろいろと物色した末に、トレイの底板にはシナ合板、トレイの枠はSPF材で作ることにしました。

枠の長辺は1x2材、造形を施す短辺は1x3材です。

DIYERとしては1x4材を購入して引き割りたいところですが、生憎引っ越してから引き割るための設備を整備しておらず、たかだかトレイごときにテーブルソーを準備するのも億劫なので財力に物を言わせました。(数百円w)

シナ合板は300x600のサイズ。

ポンとテーブルの上に置いてみるとそれなりの収まりの良さを見せたので、切るもの面動だしそのままのサイズで行くことにします。

さて次回はラフスケッチを描いて見ます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【DIY】木工用ボンド(速乾タイプ)の謎 ~その2~ | トップページ | 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その2 »

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/42155161

この記事へのトラックバック一覧です: 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その1:

« 【DIY】木工用ボンド(速乾タイプ)の謎 ~その2~ | トップページ | 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その2 »

RECOMEND

失敗しない家づくり