2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その1 | トップページ | 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その3 »

2011年10月 3日 (月)

【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その2

■まずはイメージを膨らませよう!

R0016720
薄くて見えないや・・・

さて、材料がそろったら、どんな風に作るかきちんと図面化しなくてはいけません。

まずはラフスケッチを妻に描いてもらいます。

どんな風に書いたらいいかわからないというので、投影図を描いて、主に造形を施すことになる部分を切り出して

「ここにイメージしてる形を描いて」

とお願いしてできたのがこれ。・・・やる気ない・・・。

とりあえず大体のイメージはつかめたので、これを元に進めることにします。

続きは次の休みの日にやることに・・・。

さて次の休みの日の午後、このあと正確に必要な長さなどを考えて図面かする必要がありますが、測るところなんて短辺ぐらいです。

まぁ図面はいいやと、材料にけがくところからやってもらおうと妻に登場願います。

しかしその日はなんだか乗り気でなかったのか、返事がハッキリしません。

午前中ひたすら庭の草むしりをして整地をして防草シート張ってその他もろもろやってそれなりにくたびれていた私は、煮え切らない妻の態度に大人気なくキレてしまい

「やる気がないならもういいよ」

とさっさと自分で作業を始めてしまいました。

・・・という経緯があったので、いつもならあるはずの加工前の材料の写真などがありません。

一応加工された後の残骸がこれ。

R0016692

いつまでも引きずっていても仕方ないので気を取り直して、さっそく切り出しに取り掛かりました。

切り出しも長辺二回と短辺2回のみ。これは楽!

いつもは大物故にそれほど接合面の仕上げなどにこだわっていませんが、今回は手にとって見える場所で使うものなのでキッチリ加工後の処理をします。

長編の枠はキッチリと底板と揃っていないと接合したときに隙間ができたりゆがんだりするので切断後底板にあてがい切断面を整えます。

そして肝心の短辺、造形を施す部分ですが、ラフスケッチを元にちゃんと”カントリー調”になるように下絵を描きます。

普段時間があるときはイメージをイラストレータで作って、それを印刷して型紙に使うのですが、今回はそこまで考えていなかったのでぶっつけ本番。

こういうとき、左右対称の絵を描くのはなかなか難しいです。

次回はそんなときに使える技を紹介しましょう。

そうそう、図書館で借りたのこの本です。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村 / 人気ブログランキング
ランキング参加始めました。駄文ですが、読み終えた後にでもクリックしていただけると図々しくカウントを上げることができますのでよろしくお願いいたします。

« 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その1 | トップページ | 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その3 »

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/42155488

この記事へのトラックバック一覧です: 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その2:

« 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その1 | トップページ | 【木工DIY】カントリー調トレイの作成 その3 »

RECOMEND

失敗しない家づくり