2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その18 | トップページ | 【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その19 »

2012年7月24日 (火)

【家庭菜園+】土壌消毒!無農薬は骨が折れるのです!

■農薬使えばあっという間の除草も・・・

こんにちは、半農ライフを送るサラリーマンです。
来る世紀末の食糧危機のため、せっせと農業技術を蓄積しつつあります。

さて、今回は無農薬で野菜を育てるためのノウハウをひとつ。
それが、太陽熱を利用した"土壌消毒”です。

20120709256

なにがしてあるかというと、ビニールハウス用のビニールを、適当に草を刈った(もしくはトラクターで耕した)畑に敷き詰めます。
つなぎ目は風などでバタつかないように、竹ざおなどでしっかりと押さえます。
可能であれば、穴をふさぎます。

さて、こうするとどうなるかというと、太陽の熱に熱せられた地面はグングン温度が上昇します。しかし、ビニールがあるため大気に熱を放出することが出来ず、熱を溜め込みます。
結果、土壌の温度が非常に高くなり、雑草そのものや、また雑草の種、熱に弱い雑菌なども一網打尽にすることが出来ます。 これが土壌消毒
イネ科の植物は強いので、コレぐらいでは種は死んでくれませんが、それでもコレをやるとやらないとでは雑草の生える勢いが全然違います。

ウチの畑では、農薬は使いません。でも、使わないと雑草はすごいし、虫もすごいです。
雑草に対抗する手段としては、仮払い機、草むしりなどがありますが、オフシーズンにはこの土壌消毒が最適です。

R0019025
↑ジャガイモの畑の様子。農薬使わないので間の雑草がすごいです。その雑草を、手で抜きます。大変。

ちなみにウチではこの土壌消毒中に、ビニールの隙間にカボチャの苗を植えて育てています。
カボチャってつるが旺盛に繁茂するんですが、その状態で雑草を抑えるのってすごく大変なんですよね。

たくさんの人に、無農薬で安心して食べられる野菜を届けるために、日々工夫と努力でがんばってます。

【送料無料】有機・無農薬の野菜づくり

【送料無料】有機・無農薬の野菜づくり
価格:1,365円(税込、送料別)

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始める家庭菜園(半農生活)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

« 【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その18 | トップページ | 【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その19 »

03.■家庭菜園」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

土壌消毒なるものがあるんですね。興味深いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/46306117

この記事へのトラックバック一覧です: 【家庭菜園+】土壌消毒!無農薬は骨が折れるのです!:

« 【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その18 | トップページ | 【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その19 »

RECOMEND

失敗しない家づくり