2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【閑話休題】最近、「柿の種」の亜種が増えている。 | トップページ | 【スローライフ】海辺の散歩で見つけたものは・・・ »

2012年8月17日 (金)

【家庭菜園+】抑制栽培のカボチャ

■供給過剰を避けるために工夫します。

RIMG0001

こんにちは~、暑いですね。農作業してますか。(挨拶していると言うことは見られていることを意識していると言うことです。)

ウチの近所ではこんな盛夏は昼間は誰も外で作業などしておらず、朝の早い時間から日が昇りきる頃には作業を終えて引き上げてしまいます。
盛夏と言っても朝晩はとても涼しく、今年の夏もエアコンはほとんど頼っていません。
そのため朝の農作業がとてもはかどるのです。
しかししかし、夜は夜でパソコンのモニタとニラメッコしている生活では朝早く起きられるはずもなく、仕方なくおじーちゃんおばーちゃんたちと入れ替わりで暑い最中に作業をするのです。

さて、前置きはこれぐらいにして抑制栽培。
ご存じの方は説明の必要もありませんが作型の一つで、ハウスなどの施設やマルチなどの副資材を
使って早めに栽培するのが促進栽培、反対に、同様の手段で遅めに栽培するのが抑制栽培です。

露地もの野菜では、ふつうに収穫するだけでは廻りの農家と出荷時期が重なり、供給過剰で値崩れを起こしてとても商売にはなりませんが、この促進栽培や抑制栽培をうまく組み合わせて収穫・出荷時期をずらして値崩れを防いだり、長期に安定的に供給できるようにします。

RIMG0002

さて、今回はカボチャの抑制栽培。
品種は「くりひろ」と「雪景色」というもので、いずれも暖地での抑制栽培が可能な品種です。とはいえあまりに初霜が早すぎたりするとよくないので、播種時期の見極めは通常栽培と同じか難しいぐらいです。

すでに芽がでていますが、播種は8月3日。チョット遅めです・・・イカン。
1~2週間して、本葉が3~4枚になった頃定植します。このへんはふつうの露地ものと同じ。
あとは摘心、摘果で立派に育て、収穫は11月中旬~下旬辺りを狙います。
そうです、カボチャが最も高い需要を迎える、冬至にあわせて栽培するわけです。
というわけで、抑制栽培のおいしい冬至カボチャ、楽しみにしていてください。

 ビニールハウス 4.1坪 1台

ビニールハウス 4.1坪 1台
価格:68,000円(税込、送料別)

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始める家庭菜園(半農生活)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

« 【閑話休題】最近、「柿の種」の亜種が増えている。 | トップページ | 【スローライフ】海辺の散歩で見つけたものは・・・ »

03.■家庭菜園」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/46716284

この記事へのトラックバック一覧です: 【家庭菜園+】抑制栽培のカボチャ:

« 【閑話休題】最近、「柿の種」の亜種が増えている。 | トップページ | 【スローライフ】海辺の散歩で見つけたものは・・・ »

RECOMEND

失敗しない家づくり