2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(1) | トップページ | 【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(3) »

2013年1月15日 (火)

【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(2)

■モーターが規格品で一安心・・・と思いきや。

 

RIMG0164

 

ということで、マブチのRE140-RAという立派な名前のモーターを調達してきました。   
調達価格は¥180。    
既存のモーターと比べても全く同じ大きさです。

 

ということで、元ついていたモーターに付属していた部品を外します。

 

RIMG0147    
コンデンサと抵抗がはんだ付けされてます。

 

RIMG0152    
ソルダーサッカーという工具で、半田を溶かして吸い取ります。

 

RIMG0151

 

バラバラになったモーターと、吸い出されたハンダです。   
ソルダーサッカーは修理DIYには必需品。

 

 

                           
          
【アメリカ取り寄せ商品】YA476A スナップオン エコノミーソルダーサッカー               

【アメリカ取り寄せ商品】YA476A スナップオン エコノミーソルダーサッカー                
価格:2,740円(税込、送料別)                

          
         

 

 

 

RIMG0156

 

念のためバラして見てみると、コミュテータ側がなんだかグチャグチャです。   
まぁ交換すれば新品になるので問題ないでしょう。

 

さて、新品のモーターに様々な付帯部品を仮取り付けし、電源を直接繋ぐとギアボックスは小気味良く回転を始めます。

 

RIMG0166

 

よしよしということで本体側の基盤からでる配線に接続して動作させると・・・   
「ウィ。」    
あ・・・れ?    
よしもういっちょ    
「ウィ。」    
・・・・。

 

一瞬動作はするのですが、そのまま停止してしまいます。   
停止してしまうだけならいいのですが、主電源も巻き込んで落ちていきます。    
なんとなくですが、モーターに過大な電力が供給され、フェイルセーフが働いて落ちているようなそんな雰囲気です。    
かもしくは、起電力の大きなモーターによってシステム全体の電力が奪われ、全体の制御を司りつつも不安定な電源に弱い制御ICが落ちたかというような状況です。    
中心部分のICは樹脂で固められているためなにが使用されているかわかりませんが、まずは原因が後者だと仮説を立て、検証を進めます。

 

RIMG0168    
後者かなーと思ったのは、モーターの電源線付近に比較的大きめの電解コンデンサが据えられており、配線のしかたから電源電圧の安定用と思われます。 (sy新中央左側)

 

故障が実はこのコンデンサの死亡によって引き起こされていたとしたばあい(考えにくいですが)このコンデンサの容量を復活させることでモーターの起電力部分を補い連続動作が可能になるはずです。   
ということでコンデンサの足に検査用の足を半田付けして、手持ちのコンデンサで調べてみることにしました。

 

RIMG0170

 

据え付けられていたコンデンサの容量が10V220μFに対して手持ちのコンデンサは470μF、2000μF、10000μFです。2000とか10000とか何に使うんだよ!という突っ込みが期待されるシロモノですが、ここはひとまず470μFをバイパスさせて実験してみます。   
コンデンサそのものが死んでいては話にならないので、ブザーを用いてコンデンサの動作チェックをしました。

 

で、容量ちょっと大きめのコンデンサを基盤上のコンデンサと並列に接続して試して見るも、状況は変わりません。多少良くなったという空気もなく全くかわらないので、コンデンサの線は消えたと思って脳内処理しました。念のため基盤上のコンデンサも動作チェックしましたが、ふつうに動いていました。

 

となると、そもそも流れてはいけない大きな電流が流れていると考えられるため、基盤を外して回路を眺めつつ確認すると、そもそも電源には単2の乾電池が4本使われており、それぞれ直列に配線されています。内心2本ずつ直列+2系統だろうと思っていたので、ちょっとアレレです。   
ということは、どこかで電圧を制御していなければモーターにも6V流れるわけで、どんなIC使っているか樹脂で固められていてわからないので、モーターの動力線で電圧を測ってみるとやはり4Vほど流れていました。(ニッケル水素電池使っているので、1.2VX4で4.8V)

 

RIMG0172    
↑見にくいスケール。

 

ノーマル140モーターの定格は3Vなので、おそらく1.5倍~2倍の許容オーバーな電流が流れて行っていると想像できます。   
それも起電力だけではなくモーターON時常に!    
そりゃ本体も停止するでしょう。    
おそらくフェイルセーフとかではなく完全にモーターに電気喰われて死んでいるんだと思います。

 

完結篇はまた

                      
                                                            
                
 ★高品質★コンパクト高性能 多機能デジタル マルチテスター UT30D【11Jan13P】★高品質★...                   

★高品質★コンパクト高性能 多機能デジタル マルチテスター UT30D【11Jan13P】★高品質★...                     
価格:2,970円(税込、送料別)                     

                
               
                                                             
                
RE−140RAモーター/マブチモーター                   

RE−140RAモーター/マブチモーター                     
価格:151円(税込、送料別)                     

                
               
      
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

« 【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(1) | トップページ | 【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(3) »

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/48725448

この記事へのトラックバック一覧です: 【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(2):

« 【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(1) | トップページ | 【修理DIY】メリーゴーラウンドの修理(3) »

RECOMEND

失敗しない家づくり