2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~1 | トップページ | 【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~3 »

2013年2月 6日 (水)

【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~2

■今回は予算の都合上見切り発車DIY。

 

ということで、プロローグに続いて第一章。

 

早速以下のものの調達を試みます。

 

・アンプ:複数電源対応で、ステレオ出力、出力3w+3w~   
・スピーカ:屋外なので大して期待していない。適当でOK。    
・エンクロージャ:家にある端材で作成

 

アンプは、いつもの秋月で4.6W+4.6Wのキットを\900で発見、電源は6V~12Vと幅広く、要件を十分満たします。   
TA8207K ステレオ・オーディオアンプキット(4.6W+4.6W)    
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00480/+

 

RIMG0024

 

最大で50mほど離れたところまで音を飛ばしてほしいので、1Wじゃ不足します。   
3W程度あればまぁ大丈夫かな(ギリギリというのはよくないのですが)と思っていたところのステレオ4.6Wなので、要件にぴったりです。    
またスピーカーも同様に秋月で7センチの格安ユニットを発見。北日本音響製の、F01908H0というユニットで、最低共鳴周波数が170Hz~という、明らかに低音が不足しそうなユニットです。それ以上の再生帯域は非常にフラットで、データシート上では癖のないスピーカーといえそうです。定格は10W、最大許容入力15Wでアンプに対して余裕があるのもいいところ。能率は87dbと、まぁまぁじゃないでしょうか。    
広大な畑では低音なんてあっても聞こえないに等しく、如何に中~高音を遠くまで飛ばすかが要なので下は切り捨てていいでしょう。なによりその価格に惚れ込みました。\300/個。安ーい。    
ショートパーツを家の在庫で対応するとしたら、主要部品だけで\1500です。これは現実的だー。

 

ところが、秋月は当然ネットショップなので、家に届けてもらうためには送料が必要です。送料\500。うーん。

 

秋月のキットは、大須の第2アメ横のタケイムセンで一部扱ってるので期待して大須に赴きます。   
でタケイ、えらい。    
入門向けの廉価なキットのせいもあるかと思いますが、ちゃんと扱ってましたよ。    
ただし、タケイの利益なのか秋月が掛け商売してないのか、お値段は\950。

 

アンプのキットそのものはスムーズに手に入りましたが、スピーカーが手に入らないと、意味ない・・・と思い、大須をウロウロ・・・と言ってもこの手のパーツは今や第一アメ横か第二アメ横でしか手に入らなくなったので、第一アメ横で怪しいものを一番たくさん在庫しているボントンに向かいます。二階の一番奥のあそこです。

 
   

ボントン - トランジスタ コンデンサー 自作オーディオパーツ 電子部品の通販 通信販売http://www.bonton-nagoya.com/

 

確かボントンのお店見て左側に怪しいスピーカーがあったような・・・と赴くと、あるあるあるあるゴミスピーカーが山のように。   
新品なのかアウトレットなのか中古なのか、汎用品なのかカー用品なのかオーディオ用なのかわからないカオスな状態です。

 

そんな中から、秋月で見つけたのと同じ8センチ級のフルレンジを探しますが、それっぽいのが一種類しかない・・・。   
しかも秋月で見たのと違う・・・。    
「TopTone」という怪しい文字の羅列に、能率86db、f0 155Hz~と見れば見るほど秋月のものに似通った簡単なスペックが並べられています。価格は¥340とこれまたお手頃。

 
   

8Ω7cm Toptone フルレンジスピーカーユニットF70A21-5 (ペア)

   

http://www.bonton-nagoya.com/index.php?main_page=product_info&cPath=110_175_207&products_id=1150

 

唯一大きく違ったのが定格。定格5Wに最大8Wということで秋月で見つけたF01908H0に比べると低いですが、それでもアンプのピーク出力以下ということで、まぁ問題はないでしょう。マグネットの裏を見るとF70A21とあります。

 

RIMG0031

 

データシートを確認したいところでしたが、すでに閉店時間も迫っておりそのF70A21を手に取るしかありませんでした。

 

併せてIC用のヒートシンクと電池駆動を想定して電池ボックス、ボリューム外付けにしたいので2連の可変抵抗も買ってきました。

 

RIMG0023

 

 
これで材料が揃ったので、早速組み立てに入ります。

 

スピーカについて   
帰りの電車で、F70A21について調べてみると、北日本音響のF01908H0とほぼ同等のモデルであることがわかりました。有志による自作例も多く、参考になる資料も多そうです。エンクロージャ設計のためのデータまでは用意されていないようですが、そもそもそんな緻密な計算したところでしようがないよね・・・というレベルの価格ですから致し方ないでしょう。

 

ところで、秋月で通販のお世話になる予定だったときは、北日本音響のF01908H0を使う予定だったので、北日本音響にダメ元でエンクロージャ設計に必要なデータが手に入らないか確認してみました。小さな安いスピーカごときに回答なんてないかな・・・と思ったのですが、翌日には回答をいただけました。北日本音響の営業担当の方、本当にありがとうございます、

 

親切な営業さんの手間が少しでも減るように、以下にF01908H0のエンクロージャ設計に必要なデータを記載しておきます、ご活用ください。

 

F0 170   
Q0 1.1    
m0 0.93    
a 6.2cm (このaの値は間違いなんじゃないかと思いますが・・・。)

                      
                                                            
                
【送料無料】 真空管アンプ・スピーカー作りを楽しむ 手作りの音に包まれる至福の時 定年前から...                   

【送料無料】 真空管アンプ・スピーカー作りを楽しむ 手作りの音に包まれる至福の時 定年前から...                     
価格:1,554円(税込、送料込)                     

                
               
      
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

« 【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~1 | トップページ | 【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~3 »

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/49134990

この記事へのトラックバック一覧です: 【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~2:

« 【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~1 | トップページ | 【DIY】畑作業用iPhoneアクティブスピーカの製作~3 »

Adsense

  • Adsense

RECOMEND

失敗しない家づくり