2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 ISCバルブの清掃 | トップページ | 【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 不調の根本原因 »

2014年4月26日 (土)

【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 ISCバルブの交換

■K6Aのもう一つの泣き所、ISCV。

 

さて、前回までにエブリイ(DA62V)のエンジン(K6A)不調に悩んで解決策を施してきましたが、ISCバルブの交換後、どうなったんでしょうか。

 

今回のエントリーは、前回のISCバルブの清掃から実時間でわずか4時間後の出来事です。

 

前回は・・・   
”「走行テストまではしてないけど、アイドル状態では問題でなかったよ」    
ということで、    
万が一再現しても、元々走行不能に陥るほどの症状ではないため発生時の対処法も教えてその日の作業は終了しました。”

 

でした。   
そのわずか4時間後、ちょっと買い物に出かけて帰ってきた途端    
「なんかまた調子悪いよ・・・。」    
なになにどれどれ・・・

 

おお、今度は”調子が悪い時がある”程度を超えて、はっきりと症状があらわれています。   
完全に”調子が悪い”です。(喜ぶなよ)

 

WP_20140412_014

 

感覚的には1気筒死んでアイドル不調というより、燃調が狂ってアイドルおかしくなっている感じです。   
証拠に、どのシリンダーの点火殺しても、同様にエンジンストールします。

 

考えにくいのですがECUの誤学習という線も考慮して、一旦ECUリセットしましたが症状変わらず、これはもう触ったところと言ったらISCバルブぐらいなので清掃でむしろご臨終させたと考えて間違いないでしょう。

 

仕方がないので、部品取り車から拝借することにしますが、気になるのは先日気が付いたエンジンの微妙な違い・・・。   
年式的には2年しか変わらないはずなのに、ヘッドカバーの形状が異なっています。

 

WP_20140406_007

 

↑部品取り車。ヘッドカバーが違う。

 

WP_20140406_001    
↑故障車。オイルの注入口の向きがおかしい。

 

違いが補機類にも及ぶと面倒だなーと思いつつ部品取り車を見ると、ISCバルブへのハーネスの取り回しが異なっており、故障車から部品取車への移植は可能だが部品取車から故障車への移植はできないという悲しい状態。   
とりあえず、動作するかどうかだけ確認するためにコネクタを外してISCVに取り付けイグニッションONにしてみます。    
ジジジジジと鈍い音をさせながらも、スムーズに出し入れできています。

 

WP_20140413_001

 

一方故障車の方は、同じようにジジジジジとうなりはしますが動きがおかしい。   
出るなら出ろよ!    
とつっこみたくなる状態です。これは完全に逝っています。

 

ということで部品取車のISCVをなんとしてでも取り付けたいのですが、ハーネスはゴムのように伸びるわけでもないのでどうあがいても届きません。

 

仕方がないので、ハーネスを固定しているピンを一部折って、コネクタがISCVに届くようにハーネスを湾曲させました。あんまりよくないですが背に腹は代えられない。   
コネクタからのハーネス接続部分が結構イヤな方向に無理がかかっているので、早いところ正常な部品に交換したいところです。

 

とりあえずその状態でエンジン始動してみるとスコブル調子よい様子。   
さっきまで興奮したブタのようだったアイドル音もスムーズに戻りました。    
水温が十分上がるまで暖機し、今度は試運転にも出かけます。    
一頻り走りましたが絶好調です。

 

こころなしかアクセルの付きもよくなり、下の方のトルクが上がった(戻った)感触です。   
いやー、良かった良かった。

 

ということで修理も終わったので、とりあえずで付けているISCVを新品に交換すべくいつもお世話になっているモータースに見積もり依頼するも・・・   
ISCV・・・28500円    
ええええええええええええええええええええええ。    
「え、スロットルボディごとですか?」    
「スロットルASSYだと6万ナンボです。」

 

親指の先ほどのソレノイドバルブ一個で3万円とかありえないです。   
とりあえず中古で同形式のパーツ買って、今付いているのをスペアとして常備しておくことにします・・・。

 

ところで修理しているときに、ISCVが逝った原因がわかった気がしました。   
それはまた次回。

                      
                                                            
                
誰でもわかりやすいクルマのメカニズムとメンテナンス                   

誰でもわかりやすいクルマのメカニズムとメンテナンス                     
価格:2,700円(税込、送料別)                     

                
               
                                                             
                
【楽天ブックスならいつでも送料無料】自動車メカ入門(エンジン編) [ GP企画センタ- ]                   

【楽天ブックスならいつでも送料無料】自動車メカ入門(エンジン編) [ GP企画センタ- ]                     
価格:1,728円(税込、送料込)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

« 【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 ISCバルブの清掃 | トップページ | 【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 不調の根本原因 »

04.■クルマ遊び」カテゴリの記事

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

すいません。質問なんですが、da62v k6aのエブリーで全く同じ症状でですが、iscvはコネクターを差し込んで、スロットルボディーから外して手に持った状態にして、イグニッションオン、オフすると、画像のウーィンと出し入れ作動するものですか?

おはようございます!
そうですね、画像で言うと金属の先端とそのカバー部分がイグニッションONで一往復出入りします。
(たしか1センチ~1.5センチぐらい?)
動いてくれない場合は故障ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/55895891

この記事へのトラックバック一覧です: 【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 ISCバルブの交換:

« 【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 ISCバルブの清掃 | トップページ | 【車DIY】エブリイ(DA62V)エンジン不調 不調の根本原因 »

RECOMEND

失敗しない家づくり