2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 【DIY】トラクターの修理(ダイナモ改めプーリーの巻1) | トップページ | 【車DIY】サーモスタットの交換 »

2014年6月28日 (土)

【DIY】トラクターの修理(ダイナモ改めプーリーの巻2)

■べアリングの圧入にはプレスが一番ですが・・・。

 

WP_20140426_011

 

さて、例によって盛大に汚れているので、パーツクリーナーなどを使って綺麗に洗浄します。   
特に、ベアリングの圧入をしやすく、また歪ませないためにもベアリングの外周が当たる部分は念入りに洗浄しておきます。    
洗浄が終わったら、いよいよベアリングを圧入します。    
本来、プレスを使って圧入すべきですが、そんなモノはないのでテクニックで何とかします。    
要は、ベアリングの収まる穴にピッタリ真っ直ぐ収まってくれればよいので、可能な限り真っ直ぐ上から真っ直ぐ下にハンマーで叩いていきます。    
この時、叩く場所・力を入れる場所はかならずベアリングの外周部で、絶対に中心部分を叩いてはいけません。    
理由は何となくわかると思いますが。    
しかし、都度都度様々な大きさのあるベアリングの外周にあった大きさの治具があるわけでもない、今回ももちろんないのでそういうときはどうするかというと、ベアリングの外周をコツコツコツコツ少しずつ叩き入れていきます。    
叩くと言うより”撫でる”ぐらいでしょうか。

 

WP_20140426_012

 

とにかく、ベアリングそのものが歪まない程度に、かつ少しずつ収まる穴に入っていく程度にコツコツと入れていきます。   
ある地点を叩いたら、その対角線上の外周を叩き、次に90度ずれた箇所を叩いてまたその対角線上の外周を叩くというように、徐々に徐々に入れていきます。

 

WP_20140426_013

 

ということで格闘すること約1分、無事ベアリングが収まりました。   
今回はベアリングを止めるスナップリングがあるので、若干プーリーのフェイス面から奥になっていますが、そこはタガネを使って叩き入れています。あんまり先の尖ったタガネだと応力が集中してやっぱりベアリングが歪むので、なるべく当たり面の広いモノで叩きましょう。

 

WP_20140426_014

 

あとは各ショートパーツを納めてスナップリングを固定して終了です。   
スナップリングはこんな工具で付け外しします。まぁご存知かと思いますが。

 

 

                           
          
コンバーチブルタイプのスナップリングプライヤー。PZ-10 エンジニア スナップリングプライヤー               

コンバーチブルタイプのスナップリングプライヤー。PZ-10 エンジニア スナップリングプライヤー                
価格:5,556円(税込、送料込)                

          
         

 

元々車体に収まっていた箇所に取り付けます。   
回転が非常にスムーズになりました。(当然)。

 

WP_20140426_016

 

あとはベルトが空転したときに焼き付いたであろうプーリーの汚れを掃除し、ベルトを掛けて、ファンを取り付け、その他諸々取り付けて修理完了です。

 

WP_20140426_018

 

もともと症状の起きていた箇所が完全に修理し切れていませんが、実はベルトの劣化も結構気になっていたのでそこら辺は気持ちすっきりしました。   
試運転、その後の圃場整備も特に問題なく稼働してくれ、今後も”しばらくは”活躍してくれそうです。

 

WP_20140426_020

                      
                                                            
                
期間限定5,400円以上送料無料!一部地域は除きますNTN ベアリング  適合車種:Dio・Dio.ZX (AF1...                     

期間限定5,400円以上送料無料!一部地域は除きますNTN ベアリング 適合車種:Dio・Dio.ZX (AF1...                      
価格:267円(税込、送料別)                      

                
               
                                                             
                
 マサダ製作所 門型油圧プレス 35TON AHP-35【RCP】                   

マサダ製作所 門型油圧プレス 35TON AHP-35【RCP】                     
価格:525,960円(税込、送料込)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

« 【DIY】トラクターの修理(ダイナモ改めプーリーの巻1) | トップページ | 【車DIY】サーモスタットの交換 »

03.■家庭菜園」カテゴリの記事

05.■DO IT YOUSELF」カテゴリの記事

★移行用★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53520/56472488

この記事へのトラックバック一覧です: 【DIY】トラクターの修理(ダイナモ改めプーリーの巻2):

« 【DIY】トラクターの修理(ダイナモ改めプーリーの巻1) | トップページ | 【車DIY】サーモスタットの交換 »

RECOMEND

失敗しない家づくり