2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

【車DIY】サーモスタットの交換

  ■すべての諸悪の根源と思われるサーモスタット。

 

WP_20140421_002

 

さて先日無事ISCVの交換も終わりエンジンそのものは絶好調のエブリイちゃんですが、先日のエントリーの通り、実際ISCVのトラブルに至った原因と思われるサーモの故障については放置したままでした。   
まぁちょっとエンジン冷えすぎるぐらいで致命的な影響ない※ですし、真冬に比べれば暖かくなってきて水温も上がりやすくなっているので。

 

WP_20140421_003

 

※エンジンは適正な温度で最大限のパフォーマンスを発揮できるように設計されており   
水温低いままで全く問題ないというわけではありません。

 

実はこのサーモ、ちょっと交換が面倒な位置に着いていて作業を渋っていたんですね。   
しかししかしGWにひーたん(愛妻)の実家に帰省する予定があって長距離高速で移動しなければならなくなったのでそれにあわせて対応することとしました。

 

エブリイちゃんはイワユル「キャブオーバー」という車両様式で、わかりやすく言えば運転席(+助手席)の下にエンジンがある様式です。   
エンジンのメンテナンスをする場合、その運転席+助手席を跳ね上げて作業する必要があります。    
通常のメンテレベルでは運転席もしくは助手席だけでよく、また跳ね上げも簡単に行えるのでいいのですが、今度のようなサーモの場合、運転席と助手席の間にあるコンソールを取り外す必要があります。コンソールも単なる板切れではなくシフトレバーやサイドブレーキなどが鎮座しており、まじめに取り外そうとすると結構大がかりになります。    
で、躊躇していたわけです。

 

さて、いつまでも躊躇していられない事情は先に述べましたので、早速作業に取りかかります。   
車両はDA62Vというすでに10年選手のためどれだけのヒトの参考になるかわかりませんが・・・。    
1.センターコンソールのカバーを外す。(+ネジ2本+プッシュピン2本)    
2.センターコンソールの取り付けネジ4本(6mm)を4本外す。    
3.シフトレバーを固定している8mmのネジの前側2本を外す。    
4.シフトリンケージの固定ナット(8mm)一個を外す。    
(リンケージとレバーの取り付け位置をマーキングしておくこと)    
5.シフトリンケージを外す。    
6.シフトレバー下部の化粧カバーを外す(+ネジ二本)    
(エアバッグ装着車はここの中にコントロールユニットが入っているので不用意にバラさない。)    
7.センターコンソールをエイヤっと助手席側に可能な限りズラす。    
8.圧力解放弁の両サイドにある8mmのボルト二本を外す。    
9.サーモカバーASSYをエイヤっと外す。    
10.サーモご対面。

 

WP_20140430_003

 

となります。   
あとはサーモを交換して組み立てるだけです。    
サーモには向きがあるので、間違えないように組み付けます。

 

WP_20140430_008

 

取り外したサーモを確認してみると、弁の部分のゴムが劣化して千切れておりました。   
解放されている穴は結構小さなモノですが、それでも過冷却になるぐらいの流量が確保されるってことですね。ラジエターの能力か、ポンプの能力か、結構すごいもんだなと感心しました。

 

WP_20140430_009

 

あとはバラしたときと逆の手順で組み付けていけば作業完了となりますが、手順8のとき、念のためとラジエタキャップを開けて状態を確認しようとしました。   
弁そのものは容易に外れたのですが、なにか様子がおかしい・・・。

 

WP_20140430_002

 

汚れはそこそこあるのですが、なんか部品の収まりが悪いというか、いやそもそも部品の形がおかしくなっているというか・・・。   
この後の手順9でサーモのカバーを外したときに、小さな部品がサーモの上に転がっているのが確認できました。ラジエタキャップの部品です・・・。    
外したときに折れたのか、元々折れていたのかわかりませんが、いずれにせよいただけない状態であることは確かです。

 

WP_20140430_012

 

組立とバラすて間が二重にかかるので同時に交換してしまいたかったのですが、そもそも部品が手元にないのでその日の作業は断念しました。   
弁そのものは閉じたままの状態で固定されていたので、よっぽど水温が異常上昇するような局面がすぐにでも起きない限り、問題はないと判断しました。

 

やれやれ・・・ということで次はラジエタキャップの交換です。

 

とりあえずサーモは問題なく動作するようになりました。

 

WP_20140430_016

                      
                                                            
                
【楽天ブックスならいつでも送料無料】DIY工具選びと使い方 [ 青山元男 ]                   

【楽天ブックスならいつでも送料無料】DIY工具選びと使い方 [ 青山元男 ]                     
価格:1,836円(税込、送料込)                     

                
               
                                                             
                
旧型自動車整備要綱                   

旧型自動車整備要綱                     
価格:1,620円(税込、送料別)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月28日 (土)

【DIY】トラクターの修理(ダイナモ改めプーリーの巻2)

■べアリングの圧入にはプレスが一番ですが・・・。

 

WP_20140426_011

 

さて、例によって盛大に汚れているので、パーツクリーナーなどを使って綺麗に洗浄します。   
特に、ベアリングの圧入をしやすく、また歪ませないためにもベアリングの外周が当たる部分は念入りに洗浄しておきます。    
洗浄が終わったら、いよいよベアリングを圧入します。    
本来、プレスを使って圧入すべきですが、そんなモノはないのでテクニックで何とかします。    
要は、ベアリングの収まる穴にピッタリ真っ直ぐ収まってくれればよいので、可能な限り真っ直ぐ上から真っ直ぐ下にハンマーで叩いていきます。    
この時、叩く場所・力を入れる場所はかならずベアリングの外周部で、絶対に中心部分を叩いてはいけません。    
理由は何となくわかると思いますが。    
しかし、都度都度様々な大きさのあるベアリングの外周にあった大きさの治具があるわけでもない、今回ももちろんないのでそういうときはどうするかというと、ベアリングの外周をコツコツコツコツ少しずつ叩き入れていきます。    
叩くと言うより”撫でる”ぐらいでしょうか。

 

WP_20140426_012

 

とにかく、ベアリングそのものが歪まない程度に、かつ少しずつ収まる穴に入っていく程度にコツコツと入れていきます。   
ある地点を叩いたら、その対角線上の外周を叩き、次に90度ずれた箇所を叩いてまたその対角線上の外周を叩くというように、徐々に徐々に入れていきます。

 

WP_20140426_013

 

ということで格闘すること約1分、無事ベアリングが収まりました。   
今回はベアリングを止めるスナップリングがあるので、若干プーリーのフェイス面から奥になっていますが、そこはタガネを使って叩き入れています。あんまり先の尖ったタガネだと応力が集中してやっぱりベアリングが歪むので、なるべく当たり面の広いモノで叩きましょう。

 

WP_20140426_014

 

あとは各ショートパーツを納めてスナップリングを固定して終了です。   
スナップリングはこんな工具で付け外しします。まぁご存知かと思いますが。

 

 

                           
          
コンバーチブルタイプのスナップリングプライヤー。PZ-10 エンジニア スナップリングプライヤー               

コンバーチブルタイプのスナップリングプライヤー。PZ-10 エンジニア スナップリングプライヤー                
価格:5,556円(税込、送料込)                

          
         

 

元々車体に収まっていた箇所に取り付けます。   
回転が非常にスムーズになりました。(当然)。

 

WP_20140426_016

 

あとはベルトが空転したときに焼き付いたであろうプーリーの汚れを掃除し、ベルトを掛けて、ファンを取り付け、その他諸々取り付けて修理完了です。

 

WP_20140426_018

 

もともと症状の起きていた箇所が完全に修理し切れていませんが、実はベルトの劣化も結構気になっていたのでそこら辺は気持ちすっきりしました。   
試運転、その後の圃場整備も特に問題なく稼働してくれ、今後も”しばらくは”活躍してくれそうです。

 

WP_20140426_020

                      
                                                            
                
期間限定5,400円以上送料無料!一部地域は除きますNTN ベアリング  適合車種:Dio・Dio.ZX (AF1...                     

期間限定5,400円以上送料無料!一部地域は除きますNTN ベアリング 適合車種:Dio・Dio.ZX (AF1...                      
価格:267円(税込、送料別)                      

                
               
                                                             
                
 マサダ製作所 門型油圧プレス 35TON AHP-35【RCP】                   

マサダ製作所 門型油圧プレス 35TON AHP-35【RCP】                     
価格:525,960円(税込、送料込)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月26日 (木)

【DIY】トラクターの修理(ダイナモ改めプーリーの巻1)

■テンションプーリーのベアリング交換

WP_20140426_001   

さてもう一つの交換部品、Vベルトのテンションプーリーですが、こちらもベアリングの劣化です。固定方法は単純で一個のボルトで止められているだけですが、さすがに製造から日が経っているだけに固着しており、素直に外れません。   
こっちはオルタネーターのようにU字金具を使えないので、プーリーなどを外す汎用工具を使います。それがギアプーラー。

 

WP_20140426_002

 

ギアやプーリーの外周に爪をかけ、中心のボルトや軸に力を掛けてプーリーを外す工具です。   
機械整備やるときは一個持っておくと便利な工具の一つです。

                      
                                                            
                
作業工具・クランプ・バイスの特殊バイスGPT−150。ギアやプーリーの引き抜き作業に便利です。S...                     

作業工具・クランプ・バイスの特殊バイスGPT−150。ギアやプーリーの引き抜き作業に便利です。S...                     
価格:5,079円(税込、送料込)                     

                
               
      
 

最初スラハンで抜けるかと思い軽くプーリーの端をつついてみましたが、動きが悪かったのですぐにギアプーラーに変更しました。   
しかし、さすが30年の重みは違う。ギアプーラー使っても動きが渋かったです。    
とりあえず外れて良かった良かった。

 

WP_20140426_003

 

さて、プーリーが外れたら、問題のベアリングをはずしにかかります。   
ベアリングはプーリーに圧入され、またプーリーから脱落しないようにスナップリング(サークリップ)で止められています。

 

WP_20140426_004

 

サークリップは確認できるのですが、埃と油でで汚れてなんだか動きそうにないので、パーツクリーナーで洗浄した後CRCを吹き付けて少し置いておきました。   
頃合いを見計らってスナップリングを外しますが、さび付いてもおらず思ったよりすんなりと外れました。    
スナップリングの取り外しにはスナップリングプライやーを使います。    
あんまり使いませんが、バラし中に突然出てくると困るので、ツールケースに忍ばせておきましょう。

 

WP_20140426_005

 

スナップリングが外れるといくつかのワッシャーやダストシールのようものなどを取り除くとベアリング本体が顔を出すので、ベアリングを取り外します。   
もちろん簡単に外れるものでもなく、ここでも特殊工具を使います。

 

WP_20140426_006

 

ベアリングを抜くときに使う道具はベアリングプーラーを使用します。   
ギアプーラーといいベアリングプーラーといい名前そのまんまですね。

                      
                                                            
                
ベアリングプーラー パイロット 12〜38mmベアリングプーラー パイロット 12〜38mm オートバイ ...                     

ベアリングプーラー パイロット 12〜38mmベアリングプーラー パイロット 12〜38mm オートバイ ...                     
価格:2,180円(税込、送料込)                     

                
               
      
 

ベアリングプーラーは写真のようにベアリングと取り付けてある部品に櫓をかけ、ベアリングの中心に爪を引っかけてネジの力でベアリングを引き抜きます。

 

WP_20140426_007

 

WP_20140426_008

 

WP_20140426_009

 

ちょっと堅めではありましたが、スムーズに抜けました。   
このベアリングプーラーを使ったベアリングは、中心の軸受けをかなり強い力で引っ張るので    
いったん抜いたベアリングは再利用しない方がいいでしょう。

                      
                                                            
 
                                                             
                
【平日14時までのご注文で即日発送】鋳造、汎用型の二つ爪プーラー固定式プーラー5個組ギア、ベ...                   

【平日14時までのご注文で即日発送】鋳造、汎用型の二つ爪プーラー固定式プーラー5個組ギア、ベ...                     
価格:3,240円(税込、送料別)                     

                
               
                                                             
                
作業工具・クランプ・バイスの特殊バイスGPW−100。ギアやプーリーの引き抜き作業に便利です。S...                   

作業工具・クランプ・バイスの特殊バイスGPW−100。ギアやプーリーの引き抜き作業に便利です。S...                     
価格:2,603円(税込、送料込)                     

                
               
                                                             
 
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月24日 (火)

【DIY】トラクターの修理(ダイナモの巻3)

■ ダ・・・ダイナモじゃない?

 

故障個所の修理の前に、まずは故障個所を露わにするために周辺部品を外していきます。

 

WP_20140420_009

 

ファンはシュラウドを介してラジエターに密着しそうなほどの位置に配置されているため、ラジエターごと外す必要がありました。   
ラジエターマウントは前部分のフレームもかねており、ボンネットはそのフレームに取り付けられているためボンネットも取り外す必要があります。

 

WP_20140420_011

 

メンテナンス性が悪いと嘆くべきか、そもそもファンなんて外さないからメンテナンスの範囲外と割り切るか・・・。

 

 

 

WP_20140420_010

 

WP_20140420_012

 

WP_20140420_016

 

さて、パーツリストをみる限り、オルタネータはベアリングを介してハウジングに固定されており、プーリーを引っ張ってやれば外れそうです。   
こういった場合、如何に軸の中心に近い部分を確実に引っ張ってやるかが肝心ですが、専用工具があるわけではないのでそこは工夫です。

 

WP_20140420_018

 

幸い近所のホームセンターに売っていたU字金具がファン固定用のボルト穴のクリアランスにほぼぴったりだったので、これを利用することにしました。

 

WP_20140424_006

 

金具を長ナットで固定し、スライドハンマーでカツカツやりますが、全然外れる気配がありません。普通にハマっているだけだとコレで外れると思うんですが・・。

 

WP_20140424_012

 

徐々に力を強くしながら引っ張ってみますが、はずれません。   
最後は渾身の力を込めて叩いてみましたが、全然外れません。    
ベアリングが焼き付くほどなので相当な熱が加わって、そのせいで固着したのか・・・と疑いました。    
が、外れてくれないとどうにもなりません。    
実はこのオルタネータは、後ろに控えるラジエターのアッパーホースを接続するウォータージャケットのパーツと一緒に構成されており、図面で見た感じではこのウォータージャケット側に軸が貫通しているようには見えないのですがイヤ実は貫通していてナットで固定されているから外れないのかも・・・んじゃ、そのウォータージャケットのパーツ外してやればいいんじゃない?    
と思いつつも、今度はそのジャケットパーツのガスケットシートがパーツでなかったら終了だよ的な状況を嘆きながら、さてどうしたもんだと困惑しておりました。

 

うーむ・・・。   
ここはいっぺんオルタネーター回してみるか・・・。    
と、何の根拠もなくU字金具に事件でよく登場する”バールのようなもの”を当てて回してみると、最初想定したとおりの引っかかりがあったのですが、あるタイミングでコキっとばかりにトルクが抜けると、そこからスルスルと回るようになりました。

 

「??????????」

 

全くの無音ではなく、かすかに金属同士がこすれるような「スリスリ」という音が聞こえます。   
オルタネーターの構造から見るに、ハウジングと干渉するところはないはずなので音がするのはおかしいのですが、これが今回の故障前にもあったのか、今回の故障によって発生したのか判別はできません。

 

本来であればなにが「スリスリ」音をさせているのかしっかり確認した上で修理を終えるべきですが、そもそもオルタネータが分解不可能な状態なのでこれで結果オーライとするしかありません。   
念のため何度か回転させ、スリスリの音が大きくならないか、回転に引っかかりはないか確認します。

 

想像でしかありませんが、オルタネータ内のなんらかの部品が経年劣化で脱落し、ハウジングとオルタネータの回転部分に干渉して一気にロックした・・・   
正転反転とコジコジしているうちに、その干渉が外れ、動作するようになった・・・    
と判断しました。    
あまり良い結果ではないですが、オルタネータについてはコレで良しとしようかと思います。

                      
                                                            
                
【送料無料】 トラクタ 大きなパワーでどんな作業も シリーズはたらく農業機械 / こどもくらぶ...                   

【送料無料】 トラクタ 大きなパワーでどんな作業も シリーズはたらく農業機械 / こどもくらぶ...                     
価格:2,376円(税込、送料込)                     

                
               
                                                             
                
 【新品】【書籍・コミック えほん・児童・図鑑】シリーズはたらく農業機械 5                   

【新品】【書籍・コミック えほん・児童・図鑑】シリーズはたらく農業機械 5                     
価格:2,376円(税込、送料別)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月22日 (日)

【DIY】トラクターの修理(ダイナモの巻2)

■そろそろ部品が出ないものもあるようで。

さてー、なんでファンは動かないのか。
そもそもファンの根本についている部品は何なのか。
前回ラジエターのアッパーホースを交換した際、たしかファンの真後ろあたりに吐出口が付いていたので、エンジンの中で回転力を必要とするパーツの一つ、ウォーターポンプを疑いました。

【車DIY】ラジエターアッパーホースの交換。

ウォーターポンプと言えばエブリイちゃんで大爆発を起こしたのが記憶に新しいですが、壊れやすい部品の一つです。

【車DIY】ウォーターポンプ爆発!!!!!!!!! その1
【車DIY】ウォーターポンプ爆発!!!!!!!!! その2 

大抵Assy交換が必要で、となるともう部品出ないかも・・・
嗚呼、ついに逝ったか・・・と悪い想像ばかりしておりましたが、
部品発注のためにパーツリストを確認すると、どうやら違うようです。

S23T20140611232503

 

S23T20140611232523

”ダイナモアッシ”
おー、ダイナモ、オルタネータじゃないですか。
てっきりオルタネータは別の位置についているものだと思っていたので胸をなで下ろしました。
がしかし、オルタネータも最近はAssy交換が前提で、パーツだけ修理というのが難しい部品の一つです。

S23T20140611234040

が、慎重に部品を確認してみると、オルタネータは分解可能で、しかもパーツも個別に出そうです。(もちろん廃盤になっていなければ)
構造を見るに、トラブルの原因はオルタネータの軸を支えるベアリングが逝ったことによるようです。バイクで行うとプロアーム、所謂片持ち構造の軸受けのため、ベルトにかかるテンションによってはベアリングに相当な負荷がかかりそうです。
加えて経年変化で中の潤滑油も減少してきているでしょうし、ほこりっぽい環境での使用のため、シール内部にゴミが混入してトラブったとも想像できるでしょう。

いずれにせよベアリングではよくあるトラブルで、それを想定して交換できるように作られているのが常です。
ベアリングの交換程度なら楽勝~。と、ベアリングそのものとクリップ、シムなどを注文することにしました。が、残念ながらクリップやシムなどのショートパーツは供給停止、NTKの汎用品を手配したベアリングだけが手元にきました。

なんか大きいトラブルがあったら治らんなぁ・・・。
以前のクラッチ交換は奇跡だったかも・・・なんて余命の短さを嘆きました。

一緒にVベルト(規格が書いてなかったので仕方なく純正部品を)、それからVベルトのテンショナー(テンションプーリー)のベアリングも手で回すとコロコロと抵抗感があったので交換することに。

WP_20140426_010

パーツリストには普通に互換品のベアリングの品番が記載されているのですが、なぜかこのベアリングは互換品の記載がなく特殊なものかと思ったのですが、届いた部品見るとやはり汎用品でした。次回は汎用品使おう(あるかわからないけど)、
このテンションプーリー周りのショートパーツも注文したのですが、結局ベアリング以外すべて供給停止、ベアリングのみが届きました。
念のための交換なので無くても何とかなりますが、消耗部品とはいえいやはやそれでも30年前のトラクターの部品がまだ供給されているのはすごいですね。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
 

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月20日 (金)

【DIY】トラクターの修理(ダイナモの巻1)

 

■男のクボタのトラクタぁ~

 

WP_20140420_002

 

ちょっと前の出来事なんですが、トラクターが派手に機嫌をそこねました。   
例によって春の圃場整備をするためにトラクターを駆って移動しておりましたが、    
なにやらゴム臭い感じがしました。    
直前に軽油を補給しており、またその際に若干こぼしていたので、嗚呼、軽油でも蒸発してんのかなーそれとも”焼けちゃいかんモノまで焼けてんのかなー”ぐらいに思っておりました。    
後者ならなんらかのトラブル必死(すでにそれがトラブル)なんですが、当日の圃場整備の内容が軽いモノだったので、軽く捌いたら帰って点検しようぐらいのノリでした。

 

が、その軽い判断はほんの30分後にひっくり返ることになります。

 

圃場に到着し、例によって捌いていると、右前輪部分からなにやら白い煙が上がっています。   
マフラーは左上部にあるので、エンジンの排気が白いわけではありません。    
ディーゼルらしく、負荷がかかる局面では盛大に黒煙を巻き上げております。    
これはなんか見覚えのある光景だ・・・

 

あーそうそう、ラジエターのホースが割れたときに、水蒸気が吹き出したときと同じだ・・・

   

慌ててエンジンを止めて、状況の確認を行うと、ラジエターキャップの圧力解放弁から伸びるホースから吹き出しております。うーむ、どうやら水温が異常に上昇したようです。   
水温が上昇する原因はいろいろ考えられますが、とりあえずは一番原因の可能性が高そうなラジエターのファンを疑って、回してみます。    
回してみます。    
回して・・・回らん。

 

WP_20140420_003

 

このトラクターは、古い機種にありがちなクランク軸直結のタイプではなく、いくつかのプーリーとベルトを介して駆動されており、見たところ”何かの機能”を果たす部品の軸の先にプーリーとファンが付いており、どうやらその”何かの機能”を果たす部品そのものがロックされ、回っていないようです。   
プーリーにかけられたベルトは、エンジン始動時にはそのプーリーを滑って空しく空転している状態でした。

 

行きがけに感じた”何かが焼けるにおい”は、プーリー上を空転するベルトが焼けた臭いだったのです。なるほどね。

 

イワユルオーバーヒート状態なのでエンジンのダメージも想定しなければなりませんが、まずはこのファンを何とかしないと二進も三進も行きません。   
とりあえず作業は中止し、いったん家に帰ることにしました。幸いそのとき植えようとしていたジャガイモ畑は裁き終わっていたので、その日はジャガイモだけ植え、エンジンが冷えた頃を見計らって再始動し乗り帰りました。

 

つづきはまた。

                      
                                                            
                
【新品】【2500円以上購入で送料無料】【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】農家の機械...                   

【新品】【2500円以上購入で送料無料】【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】農家の機械...                     
価格:2,005円(税込、送料別)                     

                
               
                                                             
                
新版 技能検定学科試験問題解説集 27【1000円以上送料無料】農業機械整備                   

新版 技能検定学科試験問題解説集 27【1000円以上送料無料】農業機械整備                     
価格:1,944円(税込、送料込)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月18日 (水)

【家庭菜園】管理機のリコイルスターター再び

■先日の三菱MM27修理の続編。またか。

 

さて、先日管理機のエンジンのヘッドOHは無事終了し、快調にエンジンが始動するようになりました。   
少々癖のある管理機+ロータリーのため、エンジンが負荷に耐えきれずエンストすることも時々ああるのですが、そのたびにリコイルスターターを引っ張ってエンジンを再始動します。

 

エンジンの特性なのかメンテミスなのか、温間時の再始動もチョークを引いていた方が始動性がよくチョークを引かずにスターターロープ引っ張って「かかんねー」と汗を拭うこともしばしばあるのですが   
(そもそも最近”チョーク”なんて知らないヒトもいるのかな・・・。)

 

ある時チョークの存在をすっかり忘れて「かかんねーよコンチクショー!!」と力任せにスターターロープを引っ張ったら・・・

 

WP_20140505_001

 

あれ?   
なんかどっかで見たことある光景です。

   

というわけでスターターロープの交換作業が決定されました。   
忙しいのにコンチクショー!!

 

嘆いていても作業は進まないので、とにかく手を動かします。   
まずはリコイルスターターを固定しているボルトを外します。    
この機種では3カ所。    
ネジを外せば後は被せてあるだけなので簡単に外れます。

 

外すと容易にリコイル機構を見ることができますが、眺めていても直らないのでさっさと分解します。   
リコイル機構は真ん中のボルトでハウジングに固定されているので、まずはボルトを外します。    
ここでちょっと注意したいのが、このボルトがRiコイル機構の要になるスプリングのストッパーを固定する役目ももっていることがあるということ。

 

慎重に外さないと、固定が外れたとたんバネがビヨヨーンということになって、再組立しようにもなにがどうなっているのかわからんという状態になりかねないからです。   
このボルトの取り外しには十分注意しましょう。

 

WP_20140505_002

 

さて、そこまでの心配がないスターターユニットの場合、こんな感じでハウジングからリコイルユニットが取り外せます。本来はスターターロープがついているのでハウジングからは取り外せないはずなんですが。

 

WP_20140505_003

 

機構は想像の通り、ロープをを引くとバネが縮み、バネが延びるとロープが縮むというモノです。

 

WP_20140505_005

 

換えのロープは、家にあったナイロンのロープにしました。   
多少伸びる素材ですが、まぁいいでしょう。    
ホントであれば、伸びにくい適切な太さのロープを用意すべきところですが、そんなモノを悠長に準備している時間がありません。

 

WP_20140505_006

 

古いロープを切って、新しいロープをまき直し、ハウジングを通してとっ手を取り付けます。

 

WP_20140505_007

 

ただ巻いただけではバネは普通の位置にあるだけのため、引っ張っても最後まで元に戻りません。

 

WP_20140505_009

 

そのため、一旦巻き取ったあといちど1周りから2周りほどロープをひっぱってバネを”利いた”状態にし、ハウジング内にロープを引き込んで、リコイル機構のロープのプーリーに巻き付けます。

 

WP_20140505_010

 

再度引っ張って、ハウジングのロープの出口にとっ手がきっちりはまる状態になればちょうど良いテンションでしょう。

 

WP_20140505_011

 

ということで、ここまでできたらあとは本体に取り付けるだけです。

 

いやはや、中古機械というのはこういうトラブルが始終ついて回ります。   
安易に安いからと中古品に手を出すと後に待つのは”安物買いの銭失い”というレッテルだけ。    
そうならないためにもDIY技術は普段から磨いておきましょう~。

                      
                                                            
                
【送料無料】 改良・改造 手づくり農機傑作集 第2集 / 富田一郎 【単行本】                   

【送料無料】 改良・改造 手づくり農機傑作集 第2集 / 富田一郎 【単行本】                     
価格:1,566円(税込、送料込)                     

                
               
                                                             
                
【1000円以上送料無料】DVD 農機で得するメンテ術 1                   

【1000円以上送料無料】DVD 農機で得するメンテ術 1                     
価格:8,100円(税込、送料込)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始める家庭菜園(半農生活)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月16日 (月)

【家庭菜園】順調なジャガイモ(キタアカリ)

■ ジャガイモごとき順調じゃないとマズいですが。

WP_20140531_001

元気に育ってきましたが、元気に育っているのはじゃがいもだけじゃなく周りの雑草も同じです。
先週畝間に「あ、雑草生えてきてるな」と思ったら、今週はもうこの有様。
畑の周りの畦は刈払機で刈ってしまえばいいのですが畝間はそういうわけにはいかず手で抜いていきます。結局全部の畝真処理するのに一時間かかりました。

WP_20140531_004

収穫適期は7月10日ごろ。
あと一ヶ月格闘が続きます・・・。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始める家庭菜園(半農生活)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
 

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月15日 (日)

死への折り返し。

 

 

40

 

になった。

 

イベント的にアレすると

 

"40th Annibirthery”

 

なんだろか。良く生きてきたもんだ。   
日本人男性の平均寿命が79歳?   
だとすると、折り返し地点に来たわけだ。

 

もう、あと半分しか生きられない。   
オヤジが死んだ年までだとあとたった6年。   
従弟が若くして死んだ年から数えると15年得している。   
得しているというと、なんか失礼というか、非常にもったいない人生を過ごしてきたような気もする。

 

手を抜いたのかって?いやそうじゃない。   
遠慮してきたのだ。

 

爺さんは齢80ぐらい。十分生きたと思う。   
大きな病気もせず、自分ちの畳の上で今際の際には一族の顔を見ながら往生した。

 

爺さんは人生に満足しただろうか。幸せな人生だったろうか。   
ちょっと破天荒な人間だったけど、それなりに財を成して自分をはじめとした家族を幸せにし、晩年それまでほど活発に動けなくなってからは殊更にばあちゃんに

 

「ありがとう」

 

「愛してる」

 

としきりに言っていた。   
大正生まれの戦争世代、時代が時代とはいえ女性への「愛」を口にするのは   
相当な勇気がひつようだったろう。   
それがいつからか

 

「ありがとう」

 

「愛してる」

 

と繰り返すようになっていた。   
自分の中でなにかをきっかけにしてパラダイムシフトが起きていたのだろう。

 

オヤジは家族を育てきったという達成感もなく逝った。やはり悔しかったに違いない。   
今オヤジの気持ちが聞けるとしたら、なんというんだろうか。   
オヤジは病に倒れてから逝くまでそれなりに時間があったから、自分の人生を見つめる時間はあったかもしれない。それがせめてもの救いか。

 

従弟は25の時、突然逝った。   
朝起きてバッタリ倒れたかと思ったらそのままだったそうだ。

 

社会人になって1~2年ぐらいだったと思う。   
人生の大いなる楽しみを享受することもできず、人生を振り返ることもできず、親に感謝することもできず、逝った。

 

 

 

彼らに比べたら、まだ生きているし、彼らのように後悔しないよう生きなければいけないということを知らされている分、幸せに、充実した人生を送り、死ねる機会を与えられている。   
「彼らの分まで」なんていうありふれた美辞麗句は嫌いなのであえてズルい表現するなら

 

「教えてくれてありがとう、俺はもっと幸せに往生出来るよう現生を生きるよ!」

 

と言いたい。

 

 

 

40になった。折り返したところで、ゴールである”死”が見えたはずだ。   
これからは今まで以上に遠慮せず生きていこうと思う。   
全速力でスローに生きながら、”カッコイイ”死に方でも考えようかな。

   

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるスローライフ。      
本当のエコロジーって何?人間らしさって何?できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2014年6月14日 (土)

【家庭菜園】ちょっと遅めのかぼちゃの定植

■品種はお気に入りの”雪化粧”です。

 

WP_20140531_006

 

例年通り、カボチャの定植を行いました。   
品種も例によって”雪化粧”。    
色はヘンテコですが、今まで育てた中でもっとも育てやすく    
また味も一番おいしいです。(好きずきはあると思いますが)

 

WP_20140531_005

 

かぼちゃは畑の中に大きく枝をはわせるので、特に雑草対策が重要です。   
今年はマルチを広めに張ることで雑草対策を採ることにしました。    
これで管理が楽になってくれればいいんですけど。

                      
                                                            
                
家庭菜園レベルアップ教室 果菜1                   

家庭菜園レベルアップ教室 果菜1                     
価格:1,903円(税込、送料別)                     

                
               
                                                             
                
藤田智のつくって食べる旬の野菜 果菜                   

藤田智のつくって食べる旬の野菜 果菜                     
価格:1,404円(税込、送料別)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始める家庭菜園(半農生活)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

1

2014年6月13日 (金)

2

2014年6月12日 (木)

【家庭菜園】オレガノを干す。

■ハーブは日本語的にいうと”雑草”です。   

WP_20140524_010

 

在庫の乾燥オレガノがなくなったので、玄関の脇で盛大に茂るオレガノを収穫して陰干ししました。乾燥するとかなり縮んで小さくなりますが、それでも一シーズンでは使いきれないぐらいの量になります。   
主な用途はピザソースですが、イタリアンな感じを出したいときはバジルとともに使用するといい風味を醸すので、おすすめハーブの一つです。

 

栽培が容易で、一回植えると冬場も勢いは弱まりますが枯れずに耐え、翌春には元気に復活します。かといってミント類のように地下茎で猛烈に増えて困ると言うこともなく、安心して育てられる扱いやすいハーブでしょう。

 

乾燥が終わったら包丁でみじん切りにして乾燥剤とともに瓶に詰めます。

                      
                                                            
                
【楽天ブックスならいつでも送料無料】初めてのハーブ作り定番50種 [ 小黒晃 ]                   

【楽天ブックスならいつでも送料無料】初めてのハーブ作り定番50種 [ 小黒晃 ]                     
価格:1,620円(税込、送料込)                     

                
               
                                                             
                
【楽天ブックスならいつでも送料無料】はじめてのハーブ手入れと育て方 [ 高浜真理子 ]                   

【楽天ブックスならいつでも送料無料】はじめてのハーブ手入れと育て方 [ 高浜真理子 ]                     
価格:1,490円(税込、送料込)                     

                
               
 

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始める家庭菜園(半農生活)ライフ。      
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

3

2014年6月11日 (水)

4

2014年6月10日 (火)

【家庭菜園】きゅうりが早くも実をつけ始めました。

■苗ものは定植時の潅水が肝心です。

WP_20140601_011

今年もキュウリが元気に実を付け始めました。
キュウリは生育が早くまた多く実を付けるので4人家族に二株もあれば十分です。

接ぎ木苗の入手性から春の露地栽培しかやってませんが、そこそこの大きさの温室で十分育ちそうなので、簡単なハウス栽培でもう少し収穫期を早められたらいいのに・・・なんて思います。
トマトなんかもそうだなー。

苗ものは、穴掘って植えたら土が流れ出るぐらいジャブジャブに水をあげなければいけません。
そうすることによって根を保護し、また根が早く張ります。
根が張るとようやく株が成長を始めるので、定植時の潅水がとても重要です。

最初の実が付くまでのスピードが倍ぐらい変わるといっても過言ではないと思います。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始める家庭菜園(半農生活)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
 

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

5

2014年6月 9日 (月)

6

2014年6月 8日 (日)

7

2014年6月 7日 (土)

8

2014年6月 6日 (金)

9

2014年6月 5日 (木)

10

10

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

RECOMEND

失敗しない家づくり