2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リスト

本気のタイトル一覧


2013年1月24日 (木)

【家づくりDIY】キッチンのシーリングラックをDIY-2

■キッチンのコストダウンにも、DIYが有効です。

 

というわけで啓示が降り、神の御心のままに手に取ったハンギングバスケットだけが手元に残った啓示の日以来、寝ても冷めてもキッチンの吊り戸棚のDIYのことばかり。    
いつものことながら    
・可能なかぎり安く(チープでもかまわない)    
・最大限実用的で    
・ 生活感漂わない※    
などの無茶な要求は自分を苦しめるばかりです。

 

※「オシャレな」という言葉が一般的にもっともしっくりくるかと思うのですが、自分で作るモノに自分でオシャレと主観が入りまくった肯定的な形容することで全然オシャレじゃなくなるような気がするので、敢えて避けています。

 

程なくしてアイデアがまとまったのでいつものように製図・・・といきたかったのですが、   
使用する部材から完成したイメージまで製図するようなシロモノではなかったので今回はパスです。    
材料の特性からして、仕様変更を容易に受け付けてくれるというのも大きな要素でしょう。

 

ということで、まずは材料の調達です。

 

RIMG0048    
・クサリ(チェーン)・・・高耐加重のモノ (上の奴は耐荷重100kg)    
・ワイヤーメッシュ・・・スチールラックとかに使うようなヤツ    
以上。    
あとは、家にあるガラクタを利用することにします。    
まず、以下のモノを出来上がりのイメージに合わせて塗装します。    
・買ってきたクサリ    
・ワイヤーメッシュ    
・農業用ハウス用パイプ1.5mほど(家にあったガラクタ)    
・ハウス用パイプ接続金具数点(家にあったガラクタ)    
・クサリ接続用金具数点(家にあったガラクタ)

 

RIMG0054

 

全部黒。艶消し黒で塗ります。艶消し黒というと容易に想像が付きますが、いわゆるロートアイアン風にするわけです。フレンチカントリーにはかかせない要素ですね。    
今回量も少ないので在庫のラッカースプレー使いましたが、最近塗料はアクリルシリコン系が気に入っています。

 
       
  • 屋外での耐候性にも優れ
  •    
  • 塗膜が厚く透明度が低く
  •    
  • スプレーでも筆塗りでも充実していて
  •    
  • かつ水性で扱いやすい
  •    
  • フッ素配合のモノはさらに屋外での防汚性が高まり
  •    
  • 屋外向けのアートワークでも大活躍
 

てな具合です。   
ハンズでよく買うのはこれ。    
今回みたいな広範囲な塗りには適しませんが、屋外でアートワークするときはこれ一択だと思います。東急ハンズの店頭でも売ってるので、一個買ってみてください。

 

 

                           
          
【ポイント5倍】アサヒペン 水性ペイント 1/12L 赤               

【ポイント5倍】アサヒペン 水性ペイント 1/12L 赤                
価格:450円(税込、送料別)                

          
         

 

先日は表札やサインボードでお世話になりました。

 

さて、塗装がすんだらあとは組み立てて据え付けるだけです。

 

組立は、ハウス用パイプをパイプ用接合金具で繋ぐだけなので、工具すら必要ありません。   
重要なのは吊り戸棚のため、天井から吊る部分の天井の加工です。

 

天井は石膏ボード仕様のため、そのままネジを打ってもそのうち落ちてきます。   
吊り戸棚なわけですから、戸棚に乗せる何かの重みに耐えられる仕様にしなければいけません。    
そんな時に使うのが、”アンカー”です。

 

 

                           
          
 エビモンゴジプサムアンカー               

エビモンゴジプサムアンカー                
価格:3,563円(税込、送料別)                

          
         

 

↑これは石膏ボード用アンカー。下穴いらないのでおススメ。

 

 

                           
          
カットアンカー(グリップアンカー) W-1/2レビュー書いたらポイント5倍! 5P_0118               

カットアンカー(グリップアンカー) W-1/2レビュー書いたらポイント5倍! 5P_0118                
価格:1,170円(税込、送料別)                

          
         

 

↑これはコンクリートやブロック用アンカー。あんまり使わないかな。

 

アンカーは、石膏ボード用に限らずネジやボルトをねじ込みにくいか、ねじ込んでも効かないところに使うものです。   
対象物としては、コンクリート用や外壁のサイディング用、石膏ボード用や木材用などがあります    
。今回はもちうろん石膏ボード用を使います。

 

RIMG0086

 

今回利用するアンカーは、トリプルグリップという製品で・・・

 

RIMG0092

 

下地に梁や柱がないことを確認し、

 

RIMG0096

 

6mmの下穴をあけ、

 

RIMG0098

 

トリプルグリップ(石膏ボード用アンカー)を打ち込み、

 

RIMG0101

 

部材とともにネジ込んで完成です。

 

アンカー一カ所あたり23kgの引っ張り荷重に耐えられる(ボード厚12.5mmの場合)ので、   
吊り金具一カ所あたり46kg、吊り金具が4カ所なので、吊り戸棚そのもので言えば    
184kgまでの耐加重能力があるということになります。    
(もちろん各部材がそれぞれその耐荷重をクリアする必要があります。)

 

データシートはこちら   
http://www.a-yukichi.com/index.php?module=Default&action=ItemDetails&item_id=1707&mypc=d024bc3f67c19dda2

 

RIMG0103    
↑ネットはハウス用のクランプでがっちり固定します。

 

RIMG0108

 

ラックとチェーンのジョイント。これも耐荷重たしか20kgあったような。

 

が。   
そもそも石膏ボードにどれぐらいの強度があるの?    
と言うところを見落とすと絵に描いた餅になります。    
石膏ボードの引っ張り強度は50kg程度までとどこかで見知った記憶がありますがそもそもどんな状態でテストしたデータなのかもわからないので話半分程度に聞いておくのががいいでしょう。    
感覚的に25kg程度なら耐えてくれそうな感じがするので、100kg程度なら問題ないでしょう。    
そもそもキッチンに合計して100kgになるようなものがありません・・・。    
米袋10個ですよ、米袋10個

 

それから、施工時チェーン同士が平行になるように施工してはいけません。   
揺れだしたら止まらなくなります。

 

tana

 

というわけで、完成したのがコチラ。

 

RIMG0111    
見・・・見えん・・・。

 

購入したハンギングバスケットも設え、ちょっと角度を変えて観てみます。

 

RIMG0117

 

うーん・・・・。   
こんなもん?    
なんか本人的には納得行かないのですが、    
施主であるひーたん(愛妻)に聞いてみます。

 

「おー♪、いいじゃーん♪」

 

いいようです・・・。

                      
                                                            
                
【キッチン ハンギングラック 吊り下げラック アトリエ 収納】S91171                   

【キッチン ハンギングラック 吊り下げラック アトリエ 収納】S91171                     
価格:7,800円(税込、送料別)                     

                
               
                                                             
                
送料無料☆天井吊り下げ式のキッチン雑貨 ポットラック♪DULTON ダルトン バンブー ハンギン...                   

送料無料☆天井吊り下げ式のキッチン雑貨 ポットラック♪DULTON ダルトン バンブー ハンギン...                     
価格:22,500円(税込、送料込)                     

                
               
                                                             
                
【キッチン ハンギングラック 吊り下げラック アトリエ 収納】S91172                   

【キッチン ハンギングラック 吊り下げラック アトリエ 収納】S91172                     
価格:25,000円(税込、送料別)                     

                
               
                                                             
                
アンティーク風アイアンのハーブドライヤーです。【Herb&flower dryer】ハーブ&フラワードライ...                   

アンティーク風アイアンのハーブドライヤーです。【Herb&flower dryer】ハーブ&フラワードライ...                     
価格:2,100円(税込、送料別)                     

                
               
      
 

~失敗しない家作りの秘訣とは?私のこれまでの家作り体験と、これからの家作り体験を通じてこれから家作りを考えている方へのよい反面教師となれれば。~

 

                                      
Share 
                                                        
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ                  
にほんブログ村
      
                                                             
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2013年1月23日 (水)

【家づくりDIY】キッチンのシーリングラックをDIY-1

■ずいぶん悩みましたね、足掛け3年w

 

失敗しない家づくりブログとしては、本体の構築そのものが終わってしまったのでまさにオワコンな状態になってますが、それは一般的なオウチでのはなし。    
我が家はそもそも30年かけて家づくりを完成させるのがコンセプトなので、まだまだオワコンではありませんし、家づくりも前半、始まったばかりと言えるでしょう。

 

というわけで前回の壁に続いてのDIY家づくりネタです。    
今回は、キッチン周りのDIYになります。

 

RIMG0078   
↑現在の我が家のキッチン。奥の冷蔵庫の生活感がミソです。

 

キッチンは家の中でももっとも活用されるスペースで、本体の構築時の検討が最も重要な要素の一つですが、新しい家での家事動線やライフスタイルの変化によって要件が変化することもあり、完璧に作り上げるよりも、変更しやすい、変化に対応しやすい作りにしておくことが重要です。

 

今回は特にライフスタイルの変化や家事導線に大きな変更があったわけではありませんが、本体構築時に”TBD”としていた部分のアイデアがようやく固まったのでその部分を作ります。

 

今回のDIYの対象は、キッチンでもシンクの上の、空いたスペースです。   
家そのものが可能な限りオープンなスペースで構築することを目指しておりまたその通りに作りました。キッチンも例に漏れず、圧迫感を与える上部収納は普段の動線部分には置かないようにしています。    
が、なにもないのもまた寂しいもので、

 

邪魔にならず

 

・圧迫されない程度で

 

かつ実用的でとは言っても

 

実用的すぎない      
(生活臭漂わない※)

 

といういつもの通りのわがままな要件です。   
こんなもん要求されたらハウスメーカー困りますよ。

 

※「オシャレな」という言葉が一般的にもっともしっくりくるかと思うのですが、自分で作るモノに自分でオシャレと主観が入りまくった肯定的な形容することで全然オシャレじゃなくなるような気がするので、敢えて避けています。

 

RIMG0083   
↑この辺に設えたいなと。

 

ということで、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとどうしようか悩んでいたのですが、先日大高のイオンまで家族で遊びに行ったときのこと、雑貨を扱うテナントのディスプレイで参考になるモノがあったので、そこにヒントを得ました。

 

 

                           
          
DULTONシーリングバーラック DULTON ダルトン ハンギング シーリング キッチン ラック ...               

DULTONシーリングバーラック DULTON ダルトン ハンギング シーリング キッチン ラック ...                
価格:5,460円(税込、送料別)                

          
         

 

↑ディスプレイされてたのはこんな感じ

 

 

                           
          
送料無料! 日本未発売All-Clad オールクラッド マグネティック・ポットラック 92×56cmフラ...             

送料無料! 日本未発売All-Clad オールクラッド マグネティック・ポットラック 92×56cmフラ...               
価格:78,980円(税込、送料込)               

          
         

 

↑そうそう、実際作りたいのはこんな感じっ・・・て、高ぇーよ!!!

 

そのディスプレイは、単純に天井からパイプがぶら下がっていて、そこに植木鉢を入れるハンギングバスケットがを吊してあるだけのどこにでもあるようなモノだったんですが、その時は妙に頭が良く回り、そのハンギングバスケットが活きる、実用的で克つ生活臭漂わないいいアイデアが浮かんでくると言う確信的ななにかがありました。

 

あーあれです、啓示です、神の啓示ってヤツ。

 

とは言え完全に作るモノのイメージが固まったわけではなかったので、とりあえずそのハンギングバスケットだけ入手して、あとはゆっくり考えることにしました。   
亜鉛引きの鉄板(要するにブリキ)でできたハンギングバスケット、2000円なり。    
たっけーーーーーーーーーー。

 

続きはまた今度。

                     
                                                            
                
【3,150円以上のお買い物で送料無料! 1/22 9:59まで】 ハンギングポット ブリキアンティーク...                     

【3,150円以上のお買い物で送料無料! 1/22 9:59まで】 ハンギングポット ブリキアンティーク...                      
価格:743円(税込、送料別)                      

                
               
                                                             
                
アンティーク調 ワイヤー製カゴ、つり鉢COVENT GARDEN(コベントガーデン) ラスティ・ハンギ...                     

アンティーク調 ワイヤー製カゴ、つり鉢COVENT GARDEN(コベントガーデン) ラスティ・ハンギ...                      
価格:6,945円(税込、送料込)                      

                
               
                                                             
                
アンティーク調のフラワーバスケットシャルダンフェール ハンギングバスケットS/アンティーク...                     

アンティーク調のフラワーバスケットシャルダンフェール ハンギングバスケットS/アンティーク...                      
価格:1,600円(税込、送料別)                      

                
               
      
 

~失敗しない家作りの秘訣とは?私のこれまでの家作り体験と、これからの家作り体験を通じてこれから家作りを考えている方へのよい反面教師となれれば。~

 

                                     
Share 
                                                       
                                                            
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ                  
にほんブログ村
      
                                                              
                  
人気ブログランキングへ
      
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年8月 6日 (月)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その25

■西洋漆喰(しっくい)で壁を仕上げる。

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

さて、前回までで当初の目的を果たすまでに構造が出来上がったわけですが、最後の仕上げとしてむき出しのままのベニアの処理があります。
せっかくカントリーとかフレンチカントリーを標榜しているのですから、木目が表に出ているとは言え、仕上げがベニアでは美しくはありません。
当初、母屋と同じく珪藻土で仕上げる予定だったのですが、いろいろな素材を試してみたいという知的好奇心とDIYERとしての探求心、これまた予算的な関係から、漆喰で仕上げることにしました。
漆喰も、二本家屋で伝統的に使われるモノではなくて、西洋漆喰と言われるものです。

R0017701 
西洋漆喰は、空気中の二酸化炭素と反応して硬化し、水溶性ではないためなんと、屋外でも使えるのです。加えて天然資源100%の安全な素材というコトで、これは選ばないてはないだろうということになりました。しかも価格も安いし。
本当に雨でも溶けないのであれば、最終的には外壁の仕上げもこれでやってしまおうかと思います。
早くコレ見つけておけばなぁ・・・

ということで、まずは材料の調達。モノを見つけて調達するというより、調達しようとして調査していたら見つけたので、購入元はもう決まっています。

↓ここで買いました。ここが一番安いし、資料も多かったので。化学薬品など不使用で、天然素材100%。



ということで入手した西洋漆喰20kg。5kgずつ小分けで袋に入っているので、使いやすいです。そもそも腐るものではないので、よっぽど管理状態が悪くなければいつまででも持つでしょう。送料無料なので、つど注文してもいいんですが。

R0017703
↑5kg入りの袋が4っつで20kg。かなり塗れます。

R0017704
↑バケツ、西洋漆喰、攪拌器。電動ドリルに着けて使うやつです。便利。

で、早速水に溶いてみましたが・・・溶けません。

R0017709
珪藻土や泥の塗り壁のように、粒子が細かく親水性の高い素材は水を加えることである程度の粘性が得られ、いかにも”くっつく”という感触になりますが、この西洋漆喰はたとえれば砂浜の砂で砂の城を造るような感覚というとわかりやすいでしょうか。わかりにくいか。

とにかく溶けません。
そのため、水分の適正量といったモノもたぶん適当で、塗りやすい程度に水が加えられればそれでいいのだとわかります。

R0017710
ひとしきりこねくり回して感触を確かめた後、適当な板にとって左官屋の準備をします。

試しに、プロジェクターでの映画閲覧用に取り外し可能になっている部分のベニアを取り外して塗ってみます。
まず西洋漆喰の施工指示通り、適度に素材を濡らします。
ベニアなので緩く絞った雑巾で拭く程度で十分になりそうですが、たとえば室内だと石膏ボード、屋外だと煉瓦やブロックなどは十分濡らさないと塗ったそばからはがれてくるかもしれません。
また硬化は水分の蒸発ではなく二酸化炭素との反応での硬化とありますが、そのためにある程度の水分が必要になることが予想されますので、特に屋外では養生する準備もして置いた方がいいかもしれません。

R0017712

ということで早速塗りますが、セオリー通り最初の一回目はこすりつけて素材との密着度を高めるように施工します。塗り物は、どれも一回目の塗りの行程がとても重要であることはご存じかと重います。
ひとしきり一回目の行程が塗り終わったところで、鏝目を付けた二回目の塗りに入りますが、うーん・・・透ける・・・。
結構な厚塗りをしないと、下地のベニアの色が透けるのです。これは参った。
始めてしまった手前どうしようもないので、そのまま作業を続けることにします。
厚塗りすると二つほど好ましくない状況に陥りまして、
一つは壁が重くなること
もう一つはコストがかかることです。またか

R0017715
↑鏝目もつけられます。滑らかでいい感じ。

嘆いていても進まないので、今回の取り外ししやすい壁については後で直しを入れるとして、とりあえずこんな感じで出来上がりました。なかなかにいい感じで仕上がっています。(ベニアが透けることを除いて)

R0017714 
ところどころ黒っぽいところが、下地の透けです。

R0017717
↑質感その① ザっと塗ったとき。荒くなります。

R0017718 
↑質感その② ゆっくりしっかり塗ったとき。

あとは、残りのベニアむき出しのままの壁の仕上げですが、取り急ぎ必ずしも必要でないと言うことと、一旦組んだ構造をバラすのが面倒というコトで、追加の西洋漆喰塗り作業は”次回この壁を仕舞うためにバラすとき”にしたいと思います。

さて、いつになることやら

↓20kgでたっぷりぬれてこの値段。ちなみに珪藻土だと5kgで確かコレぐらい。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年8月 3日 (金)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その23

■いよいよ架橋

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

さて、長らく続いてきた本「DIY壁」プロジェクトですが、いよいよ架橋に差し掛かって参りました。
あとは、前回までで出来上がったドアを取り付け、壁を仕上げるまでです。

R0018465 
最後の仕上げにオービタルサンダーでヤスリがけ。

ドアは順調すぎるほど順調に組み上がり、窓のようなゆがみもなく至極安定しております。
このぐらい精度が高いと取り付けでもなんら不都合が生じることもなく、簡単に取り付けが可能です。


R0018467
仮組み。ピッタシ。

まずドア用の蝶番を取り付けるためのザグりを彫り込みます。
ザグりの深さの公式は、以前窓枠の取り付けの時に紹介したものとにていますが、ドアは片側だけなのを考慮して以下の通りとします。

蝶番を折り畳んで平行になったときの幅ー(ドア枠の内側の幅ードアの幅÷2)

R0018517 
まずは罫書き線に沿って縦に打ち込んで

 R0018521
慎重に厚さ方向に削ります。

ザグりが完了したら、ザグった部分に蝶番を取り付けますが、この状態では仮止めの状態にしておきます。方法はお任せします。

R0018524 
こんな感じで完了。

ドアを開いた状態で柱側の蝶番を固定する柱に近づけ、床とドアとの間に、ドア下の隙間と同じだけのスペーサーを起き、その上にドアを乗せます。

R0018556 
床とのクリアランスを3mmとするため、窓に使用したポリカーボネイト板を使用しました。

蝶番を取り付ける柱がまっすぐで、かつ蝶番を取り付ける時に縦方向にまっすぐに取り付けることができれば、これだけでドアは歪むことなく取り付けが可能です。
大工さんの仕事を見ていると、ドアの取り付けに注意していると言うより、この”ドアを取り付ける柱の垂直をとても気にして取り付けされています。

そのとき使う道具が、「下げ振り」です。柱の垂直を見るのに便利かつ重要な道具。絶対一つは持っておきましょう。


よくよく考えれば、ここがすべての基準になるわけで、ここが歪んだらなにを基準にしてイイかわからなくなりますもんね。

R0018525

ということで、無事にドアの取り付けも終わりました。

このとき、蝶番を取り付けたドア枠とドアの間の隙間は一定になっているかと思いますが、ドア上部、下部、戸当たり部分(蝶番と反対側)については、必ずしも一定になっていないか、最悪の場合緩衝していることもあるかと思います。
このような場合、枠を含めた構造体の修正はこの時点ではほぼ不可能なはずなので、遠慮なくドアの方をカンナで調整しましょう。


プロの方の仕事を見ていても、最後の調整はこうやってやっていました。

畑は違いますが、使えるものは何でも使うのがDIY魂です。
安いしコンパクトだしお勧めなのがカメラの水準器。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年8月 1日 (水)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その22

■接合部分を取り外し可能にするちょっとしたテクニック

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

さて、羽目板が収まったら窓を残して左右の残りの框を組みます。
窓をドア上部から差し込むような格好になりますが、これは不測の事態に備えて窓部分を交換できるようにするための措置です。
窓は適当な大きさにしかはめ込む位置の加工を行っていないので、仮組の状態できちんと収まるように再度窓枠を削って調整します。

R0018405

今更ですが、なんで窓枠をきちんとトリマーで端処理して、ふつうにホゾ組のような格好で納めようと計画しなかったのか、謎です。当時相当焦っていたのでしょうか。

そんな状態を省みながら、続いて最後の上部の框をハメ込みます。
框と梁はキツめのホゾ組で構成されているので、すでにこの時点で結構ガチガチです。
仮組が終わった時点で一旦ドアを立てて、壁のドア枠に収まるかチェックします。

R0018409

仮組して、ドア枠への収まりが確認できたらいよいよ本組。
といっても、仮組したのを一旦バラして、下部の框と中央の梁にボンドを塗布して組み直すだけです。
また上部の框は、窓を取り外し可能にするために接着はせず、ホゾを組んだ後ダボで固定します。
以下その手順です。

R0018420

左右そして上部の框をホゾで組んだ後、ホゾ組の部分に向かってダボの径よりわずかに小さいドリルビットで穴をあけ、

R0018422

そこにダボを打ち込んで固定した後、

R0018432 

ノコで大まかに切り取り、

R0018444

カンナとヤスリできれいに整えて完成です。
R0018448
最終的にはこんな感じで、ドア上部の目に付きにくいところであれば言われなければ気がつかないレベルになります。


  不測の事態(※)が発生し、窓を外さざるを得なくなったときはこのダボを抜き、框をバラして窓を交換するわけです。
(※子供が壊した、デザインが気に入らなくなったので取り替えたいなど)

 

というわけで、ドアの基本的な構造が出来上がりました。
次回は壁の枠にはめ込んで、取っ手とラッチを取り付けます。


~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年7月30日 (月)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その21

■エラい人にはそれがわからんのですよ

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

さて、加工が終わったらそれぞれの材の板目を見て、お互い相反する方向へ取り付けて、同一の方向への大きなソリが発生しないように配慮します。
ドア下部の羽目板を納める部分は、羽目板の厚さの分、10mmほどだけトリマーで溝を掘ります。
ドア上部の窓を納める部分も同様にトリマーで溝を掘ります。

ドア上部の窓の納めについては、窓部分の加工の都合もあり若干適当です。
組み立て時、現物合わせで窓の部分の調整が必要となりそうです。

今回のドアの加工では、ドアの内側にたいして、框を組むホゾ、羽目板を納める溝、窓を納めるザグりなど、面倒な加工が結構ありました。
というわけで、いよいよ組み立てに入りたいと思います。

組み立ては、まず全体の収まりを確認するために仮組を下の部分の框から始めます。
下の部分の框を、左右の框の片方のホゾ穴に差し込んで、さらに中央の梁をはめ込んで、ドア下部の羽目板を納める準備をします。

R0018402
左右どちらかの框、及び下の框、中央の梁の仮組が終わったら、羽目板を組んでいきます。
羽目板には裏表があるのでできれば表面がドアの表裏どちらにも向くように、二組を背中合わせで使うのがベストです。が、今回は残念ながら予算の関係で・・・またか。

R0018403

ウチにくる人は、羽目板の表裏どころか羽目板の”ハ”の字も知らないような人ばかりなのでいいのですよ・・・。羽目板なんぞ飾りです。エラい人にはそれがわからんのですよ。


~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年7月27日 (金)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その20

■”ご利用は計画的に”。

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

さて、材料調達がうまくいったら、例によって加工に入ります。
ドアのポイントは・・・ポイントは・・・・見つかりません。

まず、ドア上部のポリカ板をはめ込む部分から作ります。
理想をいえば、十時の格子は中央部分をザグってきちんと組み合わせて
構成するべきですが・・・ですが・・・うーん、やっておけばよかった(今更後悔)

R0018407
時間の都合で接着した方が早いと判断し、例によって窓枠と同じように飾り彫りを施した後、接着しています。どんな作業でも、やはり時間に余裕を持って取り組むコトが大切ですね。
時間的に余裕のない作業は、今回のようにマストではないにしてもベストな仕上がりではなくなりますし、最悪の場合は事故にもつながりかねません。
くれぐれも”ご利用は計画的に”。
さて話戻って、細木の厚さが16mm、ポリカ板用のスペーサーが4mm、厚さ合計36mmですが、これだとドア本体に使用する2x6材の厚さ(38mm)とかわらず、この”窓”を取り外し可能にして不測の事態に備えるという目論見が外れてしまいます。
ということで、枠の外側、両サイドを斜めに削り、ドア枠とのあたり部分を細くします。
これでドア上部の透過部分(窓)ができました。

R0017857

つづいてドア本体部分です。
構造と同じように、接合部分はホゾで組んで、強度を稼ぐので、加工の第一歩はホゾから始まります。
ただし今回は、構造の時のような角ノミ盤は、彫るホゾ穴の大きさが大きくて(30mm)とてもドア枠には使えませんので、トリマーを使います。
結果的に木に大きな穴をあけるという役割は変わらないのですが、今回のように”深い穴”を開けたいときにはやはり専門の道具である角ノミ盤に一日の長があると思います。
今回ドア枠というコトで、可能な限り深めのホゾ穴で臨みたいところですが、トリマーを使ってザグれる穴の深さの限界は、取り付けたトリマーのビットの長さが最大、せいぜい50mm程度です。
それ以上を望んでも無理なモノは無理なので、これで我慢するしかないのですが、やはり小さい径の角ノミ盤もほしいですねぇ~。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年7月25日 (水)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その19

■ドアの組み立て

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

さて最後に残った大物、ドアの加工と組み立てです。
ドアは窓と違って頻繁に開閉するものなので耐久性も必要ですし、また大きいので加工時狂いがなく、また将来的にも狂いの出にくい素材を探さないと、施工後に狂ってしまってさぁ大変・・・ということになりかねません。
それを避けるために柾目のイイ造作材料を探す必要がありますが、ホームセンターレベルでは入手することが難しいです。もちろん価格相応と言えばそれまでですが・・・


↑もともと察しようとしているので素材としては最高なんですが、高い・・・。

窓の材料の時詳述したように、ちゃんとした造作材屋で探せばあります。が、如何せん高い!今回このドア用に見積もったらベイツガで四方の框だけで約¥10000の見積もりが・・・
¥ 10000あったらふつうに新品買うのとかわんなくなっちゃいます。
アウトレットなどを探すと、おしゃれなドアが¥5000~とかありますが、自分のイメージにピタリと合うモノはなかなかないので結局作った方が早いし、安いです。

↑これ理想に近い!!!!と思ったら¥50000.アウトレットでこの値段ですか・・・。

窓枠みたいに大量に材料が必要なものはホームセンターの店頭で吟味するのは難しいですが、ドア一枚のための2x6の3600mmを二本と、2x8の1800mmを一本ぐらいなら、在庫を全部ひっくり返す覚悟で選別すれば奇跡的にいい柾目材が見つかるかもしれません。
今回は、1mぐらいに積み上げられた在庫を半分ほどひっくり返したところで利用に耐えそうな素材が見つかったので、ホッと胸をなで下ろしました。
散らかした在庫を片づけるのが超面倒。

↓おーきたこれこれ!と思ったら¥78000・・・。ねーわ。

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年7月23日 (月)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その18

■最後の大物、ドアをDIYで作成する。

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

早速ドアの加工に入りたいところですが、どんなドアを作るかちゃんと計画してからでないと痛い目を見ます。
ということで、いつもの通りまずは図面を引きます。

image
外側のサイズは、窓の時と同じように設計通りにドア用の間口が開いているかを計測してから決めます。
あとは、利用する材料が初めから決まっているのでその材料に合わせて製図していくだけ。
できる限り窓を大きく取りたいところですが、ドアノブの取り付け場所、ポリカ板の大きさなどを総合的に判断して、こんな感じの図面になりました。
んまぁ、オーソドックスではありますが、それっぽい(カントリーっぽい)雰囲気は醸し出せているんじゃないでしょうか。

image
窓と同じく、ポリカ板を支える桟は、トリマーでそれっぽく飾り彫りを入れます。
ノブは回して開けるタイプのモノではなくて、三角ラッチでパチャパチャ開け閉めできるようにします。
ノブを回して開けるタイプも考えましたが、出入りが頻繁になることが予想されるため、いざというとき両手がふさがっていても開閉できる方がいいかな?と考えました。(実は今考えた)

左右の框は2x6材上下、中央の框は2x8材、それぞれ深めのホゾで組みます。
中央下の胴部分はいつもの杉の羽目板で作ります。それが一番味があるかな。
そして窓の素材と同じポリカ板で、明かり取りの窓を作ると。

うまくできればなかなかのモノになりそうです。



~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

2012年7月21日 (土)

【家づくりDIY】寒い!そうだ、壁を作ろう ~4:製作編~ その17

すべての窓が同じ方向に反って・・・

1.柱・梁を加工する
2.壁を加工する
3.柱と壁を組み付ける
4.窓枠の材料を加工する
5.窓枠を組み立てる
6.窓を組み付ける
7.ドアの材料を加工する
8.ドアを組み立てる
9.ドアを組み付ける
10.壁を仕上げる

前回まででようやく窓枠が完成し取り付けるも・・・・

R0017699

・・・?合いません・・・。
見事なまでに、すべての窓が同じ方向に反って・・・いや、ネジレています。
こうなると考えられるのは、窓枠の圧着の際、圧着するための基準面が斜めっていて、その曲がった基準面に対して素直にまっすぐに圧着されたためにネジレたと思われます。
もう、こうなってしまうと如何ともし難いので、このままいくことにします。
とりあえずこのまま進めて、折を見てネジレの修正をかけようと思います。

R0017700

上下左右の寸法はビシっと決まっているだけに、惜しいです。悔しいです。

というわけで紆余曲折アリながらもなんとか窓枠の取り付けが完了しました。
続いて、仕上げの一巻として、窓と窓枠の隙間を塞ぐ細い木を取り付けます。

 IMG_2396
これがあると、窓と窓枠の間から空気が移動して、寒い(暑い)と言ったことがなくなります。
今回窓枠そのものはバラさずなので、この細木は接着してしまいます。
きちんと接着しないと、窓の開閉時のショックで細木が取れて来ちゃいます。
最後に、窓枠の中に窓の主役・ポリカ板を挿入します。
そんなこんなで窓が完成しました~。

R0017698

多少のネジレはあるものの、全体の狂いもなくまぁ合格点じゃないでしょうか。

と、全部出来た気になっていますが、まだ最後の大物、ドアが残っています。
次回以降は、その最後の大物ドアの組み立てを行っていきたいと思います。

ロンドンの家リフォーム日記

ロンドンの家リフォーム日記
価格:2,415円(税込、送料別)

~失敗しない家作りを経て完成した我が家で始めるDIY(Do it yourself=手作り/自作)ライフ。
できることは自分でやり、無駄な浪費や使い捨ては排除し、人と自然の恵みに感謝して、日々の暮らしを創りだします。~

Share 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加始めました。駄文ですが、ほんのチョビっとでも役に立ったと思われたらクリックお願いいたします:-)

より以前の記事一覧

RECOMEND

失敗しない家づくり